◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

みんなでミュージカルをつくろう!

2002年3月28日配信

2002年のニュースの目次へもどる

京都南部を拠点に新しいグループがスタート。
ミュージカルを創りたい人!ただいま受付中。

◎けいはんな学研都市にあるNPO法人「舞台芸術トレーニングセンター」(PAT)のオペラ公演の余韻が残る京都南部に、オペラに出演した市民有志が「今度は自分たちでミュージカル!」と、新しいグループを立ち上げた。

◎このグループの入団テストが来る4月7日に開催される。
もちろん、未経験者歓迎。
指導はPATの副理事長で、声楽家の羽生孝子さん。
彼女の経験と実績は申し分ない。
何しろ、けいはんなでのオペラ公演を見事成功に導いた舞台監督・音楽監修を担当した。
パワフルな指導であるが、繊細な表現力を大切にする。
彼女のトレーニングには定評がある。
「楽しい!明るい!自信がつく!実力がアップする!そして、友達が出来る!」というもの。
これは入団したくなる。
そのグループは「ピーキューブ」という。
入団希望者は早い目に担当の藤原敬氏へ連絡を。
このメールは、多くの人に転送をお願いします。
では羽生孝子さんからのメッセージを。

●昨年のPATオペラから3ヶ月、村人合唱をつとめた皆さんが、なんと自分たちで新しい団体を作ってしまいました。
その名もピーキューブ(Pの3乗です。ポジティブ・パフォーミング・ピープルという意味)です。
大人も子どもも関係なく、みんなでミュージカルを作ってしまおう。
という、なんとなくPATセンターの延長版ですが、始めて触れた舞台がよほど楽しかったんでしょうね。
指導した側としては感無量です。
でももともとは、私のいたP学校の延長ですよねこれって。
Pで学んだ事をオペラという素材をつかってPATにつなげたのですが、次はどんなふうに広がっていくのか私自身も楽しみです。
1年半の練習をこなし、来年8月の公演!もちろん私もおおいにかんでます。
そして今、4月7日の入団テスト希望者の登録時期になっています。
詳しくは事務局の藤原さんfjkyoto@d5.dion.ne.jpまで、お問い合わせ下さい。
このニュースの読者は、メールで受付します。
住所、氏名、年齢、連絡先電話をお知らせください。

★羽生さんのプロフィール。
愛知県立芸術大を卒業後、オーストリア留学。
ウイーン市立コンセルバトリウム・リートオラトリオ科卒業。
海外での活動後、平成9年の堺市でのオペレッタ「こうもりな夜」を契機に、本職の歌手活動のみならず、「音楽の新しい表現」をテーマに、演劇、演出、プロデュースや合唱指導など意欲的な取組が多く、「エネルギッシュ」で知られている。
昨年12月の本格オペラ「ヘンゼルとグレーテル」(会場:けいはんなプラザ)では、多くのアマチュアな方々を入れるという大冒険ながら、完成度の高い舞台を仕上げるなど、その評価は高く、PAT・中島裕規子理事長とともに「マスコミの寵児」として府南部の明るい話題を提供している。

次へ




相楽ねっと    2002年