◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

青少年のための企業および公共施設見学ガイド

2002年6月13日配信

2002年のニュースの目次へもどる

「青少年と科学の会」発行「青少年のための企業および公共施設見学ガイド」が好評!

◎京都には、子ども達に科学技術を楽しむ心を育てるために、産業界の有志で構成された「青少年と科学の会」というのがある。
発起人は「京都工業会」「京都経済同友会」「京都発明協会」。
事務局は京都工業会に置かれている。
この会の事業のひとつに「青少年のための企業および公共施設見学ガイド」の発行があり、最新版が先頃発行された。
既に、京都府内の全ての小中高盲聾養護学校等に配布された。
「総合的学習の時間」などに大いに活用されるものとなるだろう。
さて、青少年と科学の会のメンバーが、「けいはんな学研都市」の視察会を実施された。
視察先は木津地区の「日本原子力研究所関西研究所」「きっづ光科学館ふぉとん」。
両施設とも、「ガイド」に掲載された施設ということもあって、熱心な視察会となった。
今回発行されたガイドについては、京都府内の教育関係者には行き渡っているのだが、ご希望の方がおられたら、下記あて、240円分の切手を同封して、申し込んでほしい。
-----〒602-8570 京都府企画環境部文化学術研究都市推進室計画調整係内「青少年のためのガイド」係あて。

「青少年と科学の会」は、京都府などが主宰する「けいはんな子どもサイエンススクール推進会議」の構成メンバーであり、事業推進に大きな役割を果たしていただいている。

**********************

◎フランスで和束茶を飲むプロジェクト経過報告第2回

フランスにある有名な日本料理店YENでは、当然のことながら「日本茶」が飲まれている。
プロジェクトメンバーのN氏が(このN氏の味覚は鋭い)、さっそくどこのお茶か調べることとなった。
なんと、あのテレビでも知られている「上から読んでも○本○、下から読んでも○本○」のお茶。
上質の煎茶を日本から仕入れているということ。
確かに、いい味のお茶。
フランスの人にその味覚があるかどうか分からないがN氏としては、良いお茶が飲まれているのに、フランスの人やその料理店を利用する日本人が日本のお茶に関心が薄いのが気になるとのこと。
一体、フランスでの日本茶というのは、どんなポジションにあるのか、そもそもの課題に付き当たってしまった。
次回は「フランスでお茶と言えば・・・・」。
お楽しみに。

**********************

◎京都府総合教育センター教育相談セミナーの案内

◇テーマ:「子どもの心、大人の心」
◇講師:東山紘久先生(京都大学大学院教授)教育学博士、臨床心理士
◇日時:6月15日(土)午後2時〜4時20分
◇会場:京都府総合教育センター(京都市伏見区桃山毛利長門西町)
    近鉄・京阪「丹波橋駅」(特急停車)下車
◇参加費:無料・・となたでも参加いただけます。
◇お問い合せ:075-612-3266

次へ




相楽ねっと    2002年