◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

京都工芸繊維大学「中高生のための夏休み科学技術教室」

2002年6月18日配信

2002年のニュースの目次へもどる

◎今回も「サイエンス」の話題。
京都の大学でも独自の取組が盛んである。
今回は「京都工芸繊維大学」。
この夏休みに中学生、高校生を対象とした科学教室が開催される。
先の「けいはんな学研都市:原子力研究所サイエンスキャンプ」の日程と重なるが、こちらも見逃せない。
オール京都として、子ども達の「科学する心」「創造する心」を育んでいきたいものだ。
-------以下ご案内

○近年深刻になっております学生の「理科離れ」、「科学技術離れ」に対処するために、京都工芸繊維大学工芸学部電子情報工学科では理科教育の振興を目的とする「中高生のための夏休み科学技術教室」(参加無料)を昨年に引き続き開催いたします。
昨年はお陰さまで定員の3倍を上回る中高生から応募を頂くことができ、彼等の理科 に対する関心の強いことを知ることもできました。
こうした彼等の興味や感心に答えるべく、下記のとおり企画致しましたのでご案内致します。

◆創造性豊かな物づくり体験学習2002

◎中高生のための夏休み科学技術教室◎

◇日時:平成14年8月8日(木)、9日(金)  10:30-17:00

◇場所:京都工芸繊維大学工芸学部 電子情報工学科
   (京都市営地下鉄松ヶ崎駅下車 1番出口 徒歩5分)

◇対象:中学生、高校生(教師・保護者の付き添い可)

◇参加費:無料

◇内容:
体験講議と実習を通じて電子情報技術の一端に触れることを目的とする。
体験講議では身近な電子情報技術を取り上げ受講生の興味を喚起する。
実習では、特定の機能 を持つ簡単な電子回路やプログラムなどを製作する。
トランジスタや集積回路(ICやLSI)などの半導体デバイスは、家電、パソコン、携帯電話などの電気製品だけでなく、自動車、電車、産業用機器などに広く用いられ、現代社会に無くてはならないものになっている。
近年、超高速で動作する半導体 デバイスを用いた小型レーダーの研究が進められている。
このレーダーを自動車に搭 載すれば、衝突事故が大きく減るだろうと期待されている。
本事業では、中高生を対 象に、このレーダーのしくみを解説して、簡単なレーダーの自作に挑戦してもらい、その測定精度に関する簡単な実験を行う。

◇8月8日(木) 10:30-17:00

体験講義:「レーダーのしくみ」 秋山正博 教授
衝突防止センサー(車載ミリ波レーダー)の話題を中心に、レーダー技術について わかりやすく説明します。

体験実習:「レーダーを作ってみよう」
比較的製作の容易な超音波レーダーを中高生自身が製作します。
中高生 3、4名に教官、ティーチングアシスタント(大学院生)が1名の割合で製作を支援し、初心者の中高生がものづくりの達成感を味わえるように配慮します。

◇8月9日(金) 10:30-17:00

体験実習:「レーダーを使ってみよう」
前日に作成した超音波レーダーを用いて実験をします。
教官、ティーチ ングアシスタント(大学院生)が支援します。
実際に機能するものを作る喜びを体験 してもらいます。

実験室見学:「半導体の製作過程を見てみよう」
レーダーの心臓部である半導体デバイスを作る実験室(クリーンルーム)を無塵服を着て見学します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

申込み方法:「夏休み科学技術教室参加申込」と記し、
(1)住所、
(2)氏名、
(3)連絡先電話番号、
(4)学校名、
(5)学年、
(6)(もしあれば)e-mailアドレス、
(7)付き添いの有無
を明記の上、e-mail、faxまたはハガキで下記の宛先に申込んで下さい。

fax宛先:075-724-7400
ハガキ宛先:〒606-8585
  京都市左京区松ヶ崎御所海道町
  京都工芸繊維大学工芸学部電子情報工学科「夏休み科学技術教室」係
申込み締切り:7月15日(月) 必着

問合せ先:075-724-7482(森本)
ホームページ http://www.dj.kit.ac.jp/taiken02/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

京都工芸繊維大学工芸学部電子情報工学科では中高生の身近にある電子情報技術に焦点を絞り、講議と実習からなる体験学習を企画致しました。
現代社会の電子情報技術はその高度化に伴い、ますますブラックボックス化が進行しています。
日頃、電子情報技術の成果を享受している中高生が、この技術分野に対して積極的な興味をもつきっかけとなる催しにしたいと考えております。

◎本企画のポイントは次の5点です。
1. 電子産業の現場を熟知した講師による平易な導入講議を行う。
2. 中高生にもわかりやすい機能をもつ電子回路を完成させ、物づくりへの興味を喚起する。
3. 物づくりに不慣れな中高生が電子回路を完成させ達成感を味わうための、大学院生によるきめ細かな技術的支援をする。
4. 受講する中高生が年齢差の少ない大学院生と接することにより、理工系に進んだ場合の自分の姿をイメージする機会とする。
5. クリーンルーム見学と言う中高生にとっては非日常的な体験の機会を与える。
本企画が中高生の理工系離れを食い止める一助となればと考えています。

**************************
**************************

★継続ご案内

★「ふぉとんサイエンスクラブ会員募集」

対象:小学校4年〜6年生 40名・中学校1年〜3年生 40名

期間:入会時より平成15年2月末日まで

申込み方法:下記までお電話ください。入会申込書をご送付します。
  (0774)71-3180

申込み〆切:平成14年6月末日必着

入会費・年会費:無料

特典:機関誌「ふぉとんNews」(年4回発行)を無料配布します。
   当館主催の各種イベントのご案内をします。
   「けいはんな子どもサイエンススクール」の資料も無料配布します。

詳しい情報:http://www.k-photon.com
発信者名:石部政子
所属:きっづ光科学館ふぉとん

次へ




相楽ねっと    2002年