◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

第2会IT経営塾京都開催のお知らせ
チベット医学学術研究会・チベット医学観光実施のお知らせ

2002年7月9日配信

2002年のニュースの目次へもどる

(1)第2会IT経営塾京都開催のお知らせ

◎本号の情報とは全く関係ないが、「本能寺の変」をご覧になられただろうか。
(NHKの大河ドラマ「利家とまつ」)毎回の放送の最後に、「ゆかりの地」が紹介される。
「本能寺の変」では、期待したとおり、「京都市中京区、上京区」が紹介され、わが母校「本能小学校」の名前、そして校舎のない学校敷地が映し出された。
母校「本能小学校」は、既に統廃合となり、現在は「高倉小学校」に、校統(こんなことばありましたっけ?)が引き継がれている。
在学中は意識しなかったが、「本能寺の変」で消失した「本能寺」の跡地に、本能小学校が建設されたとは聞いていた。
町名にも「本能寺」がつくところがあり、考えてみれば、歴史の大きな舞台の上に、我々は当たり前のように生活している・・・・京都ってすごい!。
町内会のおじさんがすごい伝統文化の継承者であったり、散歩ですれ違う年配の方が高名な学者であったりとか。
本能校も「下京第2番組小学校」として、明治2年に創立。
これって日本でもっとも古い学校のひとつなんだろう。
小学校の同窓生からメールが入った。
「本能寺の変、見た?」
やっぱり。
もうすぐ祇園祭。
校区には蟷螂山町がある。
同窓生の顔が次から次へと浮かんでくる。

-------さて、今回の情報はここから----

★第2回 IT経営塾京都

★ネット時代における勝ち組企業経営! ―IT先進企業の事例に学ぶ―

いわゆる「ITブーム」は沈静化しましたが、情報技術(IT)そのものは、企業経営・ビジネス展開にとって、ますますその有用性と迫力が高まっています。
特に、昨今のケータイ電話の爆発的普及とインターネット回線のブロードバンド化は、ビジネス世界に第二の大変化をもたらしつつあります。
第一の大変化、つまり1990年代初頭のインターネット商用利用開始に端を発する、ITの有効活用による新ビジネス展開・新販路開拓・企業革新・体質強化による競争優位創出・強化、その結果、顕著な“勝ち組"企業の出現をもたらしたことは周知の事実でしょう。
「ケータイ」「ブロードバンド」などによる第二の大変化を前にして、我々はこれらの「IT」という武器を知り、そしていかにビジネスに取り入れていくかを構想することは、企業存続にとって不可欠です…。
本講座では、激変の時代に適応していくために、企業経営遂行にとっての重要諸角度からテーマを取り上げます。
そして、先進企業事例や諸手法を学び、自社に合った戦略・方策を構想していただく講座といたします。

主  催:京都能率協会/京都商工会議所
後  援:関西ベンチャー学会/関西ソーホー・デジタルコンテンツ事業協同組合
協  賛:京都産業大学/アサヒビール株式会社
開講日程:平成14年7月26日(金)〜10月4日(金) 14:00〜17:00 (全8回シリーズ)
会  場:京都商工会議所 会議室(3階)
  〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル
  ※ 京都駅より地下鉄で8分、阪急烏丸駅より4分 地下鉄丸太町駅下車(6)番出口真上
  TEL:075-212-6446
  FAX:075-222-2612
受 講 料:会員・学生料金 45,000円/お一人様、一般料金 60,000円/お一人様
  会員=京都商工会議所/京都能率協会会員(両会員事業所にお勤めの方も会員料金とさせて頂きます)
  ※上記受講料には諸資料代、各懇親会参加費を含みます
そ の 他:第1回、第5回、第8回講座終了後、パネラー・参加者との交流を深めて頂くための懇親交流会を開催致します。

■臨時聴講制度■
   1講座単位の聴講をご希望の方には臨時聴講が可能です。
受講料:1講座・お一人様 会員・学生料金 6,000円 /一般料金 7,000円
   ※ 懇親会参加は 別途2,000円要

★全日程カリキュラム
<開催時間はすべて14:00〜17:00>

■経営刷新 7月26日(金)懇親会有
「ケータイ・IT時代と企業経営の新展開」
  京都産業大学経営学部 教授 井上 一郎
「創造性のある市場開拓で機会創出へ」
  コクヨ株式会社 取締役 システム戦略統括部長小谷 洋一

■戦略展開 8月2日(金)
「ブロードバンド時代のネットアライアンスと将来」
  日本電気株式会社NEC ソリューションズネットワーク・サービス企画本部本部長野村 昌宏
「イオンにおけるIT戦略最前線!」 〜夢のある未来(AEON)を目指して〜
  イオン株式会社 IT・物流本部長 縣  厚伸

■創造性開発 8月9日(金)
「顧客知をベースとしたVOC活動〜答えは『お客様の声』にあり〜」
  富士ゼロックス株式会社 ゼネラル・オフィス・マーケティング・カンパニー 西日本支社
     営業計画部長 高橋 一吉
「営業情報共有の実例-リクルートナレッジ・パラダイスの考え方―」
  株式会社リクルート FAXネットワークDIV エグゼクティブマネジャー水野 克裕

■連携強化 8月30日(金)
「モノづくりの受発注、情報交換を実現!」〜挑戦する製造業のために〜
  株式会社エヌシーネットワーク 代表取締役 内原 康雄
「ネットマイルで築くe Business強者連合」〜日常的なショッピングなどを行うことによって報酬を獲得!〜
  株式会社ネットマイル 代表取締役 西川  潔

■営業強化 9月6日(金) 懇親会有
「新しいビジネスモデルでユーザー本位のサービスを実現!」〜エンジニア魂が生んだ成功〜
  株式会社ベストリザーブ 社長 CEO 小野田 純
「膨大な顧客とのさらなる緊密化を目指して」〜ワン・ツウ・ワンマーケティングを実現するために〜
  株式会社ツタヤオンライン 常務取締役 今井  衛

■業務革新 9月17日(火)
「スピードと低コストを追求」〜システム大改革で競う!〜
  株式会社 ワコール  事業戦略室 部長 高坂 貞夫
「業務革新で『勝ち残る』戦略」〜IT活用で大幅コスト削減〜
  株式会社 ユニックス 代表取締役社長 中田 紘ニ

■情報技術 9月20日(金)
「ケータイを使った新しいビジネスの可能性」
  株式会社 インデックス 代表取締役副社長 小川 善美
「ケータイビジネスの可能性」
  株式会社 サイバード 代表取締役社長 堀 主知 ロバート

■将来展望 10月4日(金) 懇親会有
「モバイルマルチメディアとそれを活用したビジネス展開」〜ネット社会の将来展望を見る〜
  株式会社 NTTドコモ関西 取締役 三石 多門

★申込方法

下記「受講申込書」を事務局までお送りください。
後日受講証をお送り致します。

受講料を下記振込口座に、お振込み下さい。
(振込手数料はご負担下さいますようお願い致します。)
◇お振込み頂いた受講料は、当講座中止の他はお返しできませんので、ご了承くださいますようお願い致します。
【振込口座】京都銀行本店普通預金 No.208117 京都能率協会
【定員】  40名
【申込締切】平成14年7月22日(月)但し、お申し込みが定員に達した場合には、その時点で締切ります。
【そ の 他】ご登録の受講の方がご都合の悪い場合には、ほかの方に代理聴講頂いても結構です。

★受講申込★

会社名:
所在地: 〒
TEL:
FAX:
受講者氏名:
受講者所属部課名:
年齢:
参加希望コース(臨時聴講の場合は参加希望日)
懇親会:

★お問い合せ・お申込み:
  京都能率協会
  〒604-0862 京都市中京区烏丸通夷川上ル(商工会議所ビル2階)

  市営地下鉄『丸太町』6番出口スグ
  TEL:075-212-6446
  FAX:075-222-2612
  http://www2.kyo.or.jp/nouritsu

・:*.・☆。・:*・。.。・:*.・☆。・:*・。.。・:*.・☆。・:*・。.

(2)チベット医学学術研究会・チベット医学観光実施のお知らせ

  (チベット医学の研究所がけいはんな学研都市にあります!!)

★チベット医学学術研究会・チベット観光医学の旅チベット― イメージするならば、過酷な自然環境と貧しさ。
そんなところだろう。
しかし、そこで暮らすチベット族は、豊かな文化と、厳しい環境に適応した独自の生活を築き上げてきた。
秘境と呼ばれるこの地に、一歩足を踏み入れれば、時間はゆっくりと流れ、生きることの素晴らしさ、厳しさを感じることができる。
チベットは厳しい自然環境が人を寄せつけず開発があまり進んでいないので、手つかずの自然が多く残っている。
また、標高が4,000〜5,000mあるため、高山地帯だけに生息する貴重な動植物の宝庫でもある。
動物では、野ヤク、チベット野ロバ、チベットガゼル、ヒマラヤ鳴きウサギ、ヒマラヤマーモット、黒熊、ジャコウ鹿、ハゲワシ、ベニハシガラス、カササギ、ヤツガシラなどをよく見かける。
ヒマラヤ山中では、運がよければ、ブルーシープや雪豹も観察できる。
さらに、夏場の青海湖ではインドガンやユリカモメなどの渡り鳥が見られる。
植物では、高山植物が有名。
渓谷のガレバや斜面にいっせいに花を咲かせる。
ブルーポピーなどのケシ類が有名だが、花は6月から8月の短い間にしか見られない。

==============================================================

自然に抱かれ、育まれながら数千年の歴史を生き続けたチベット医学は、難病医療等の見地から注目されています。
このたびアルラチベット医学センター(けいはんなプラザ・ラボ棟2F)では、日本との学術交流のため、「チベット医学学術研究会」を企画致しました。
また、観光を主体として、世界の屋根・チベットを体験いただくコースも併せて企画致しました。
チベットに興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。
詳細は「アルラチベット医学センター」ホームページをご覧ください。
------------------------------------------------------------
詳しい情報:http://www.yamabuki.sakura.ne.jp/~arura/1.html

次へ




相楽ねっと    2002年