◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

奈良先端科学技術大学院大学、最先端の「バイオ」に触れる公開講座

2002年9月12日配信

2002年のニュースの目次へもどる

◆先端科学の独立大学院「奈良先端科学技術大学院大学」が今、注目されています!
  この秋、最先端の「バイオ」に触れる公開講座開催!

◎けいはんな学研都市を形成するクラスターのひとつ、奈良県の高山地区には、独立の大学院「奈良先端科学技術大学院大学」があり、最先端の研究が行われている。
今年から始まった「知的クラスター創生事業」(文部科学省事業)においては、けいはんな学研都市における中核大学のひとつとして、「バイオ」を中心とした「ライフサイエンス」の取組が注目されている。
しかし、奈良先端大は、このような最先端の研究開発だけでなく、広く社会一般に向けての「科学技術の普及啓発」にも精力的に取り組まれている。
今回は、奈良先端大ならではの特色ある最先端の研究内容を「公開講座」で紹介いただくこととなった。
他では知ることができない、最新最先端の研究内容に触れることが出来る絶好の機会だと思う。
詳しくは下記のご案内を。
この秋「科学する心」に火がつきそう・・・・

---------------

■平成14年度公開講座―ここまで進んだバイオの研究―

○講座の概要
20世紀後半の科学技術は、バイオサイエンスとインフォメーションテクノロジーを軸として発展したといっても過言ではないでしょう。
現在までに60種を越す微生物、植物、ヒトを含む動物の全ゲノム情報が明らかにされています。
21世紀はこれらのゲノム情報から出発する新しいバイオサイエンスが展開する時代と考えられます。
急速な発展とともに、バイオサイエンスは、遺伝子組換え植物、クローン動物、再生医療などと関連して社会的にも大きな注目を集めるようになりました。
これらの新しい技術を正しく評価し利用していくためには、バイオサイエンスの広範で正確な知識が必要です。
この公開講座では、バイオサイエンス研究科で行われている研究を中心に、バイオサイエンスの基礎及び応用研究の現状とその可能性をご紹介します。

○開催日時
平成14年10月19日(土)、26日(土)、11月9日(土)、16日(土) 〔計4日間の連続〕

○会場
奈良先端科学技術大学院大学ミレニアムホール
  →会場までの交通アクセスは下記ホームページでご確認ください。

○受講内容
講義8回の開催となります。
  →講師、題目等は下記ホームページを。

○対象者
市民、学生、社会人、研究者等受講資格は問いません。

○修了証書
所定の回数を受講された方には、修了証書を授与します。

○受講定員:200名
※定員を超えた場合でも、会場の収容可能人数までは受付けいたします。

○受 講 料:6,800円(消費税を含む。)
※納付された受講料はお返しできません。

○申込方法
受講希望者は、下記ホームページの受講申込フォームからお申込み下さい。
※電話での受付は行っておりません。

○申込締切日:平成14年9月30日(月)→こちらが正しい締め切り日です。
※申込締切後に、受講料払込の案内を送付いたします。

○お問い合わせ・お申し込み先
奈良先端科学技術大学院大学研究協力部研究協力課研究事業担当
〒630-0101 奈良県生駒市高山町8916番地の5
TEL 0743-72-5075 FAX 0743-72-5015
詳しい内容は下記ホームページを。
http://adw3.aist-nara.ac.jp/EVENT/Course2002/course2002.htm

次へ




相楽ねっと    2002年