◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2002年


京都府南部ニュース 2002年

秋は「加茂町」が面白い!
けいはんな学研都市出張講座開催
新しい「産学官連携」を探るシンポジウム

2002年10月1日配信

2002年のニュースの目次へもどる

◎今回は各地での特色ある取組を紹介。
秋はウロウロとしてみたい。
ところで、「近鉄京都駅」のホームに「けいはんな学研都市」の大きな表示が出たが、ご覧になられただろうか。
線路の車止めのホームに、カラフルなご案内が貼られている。
地元の京田辺市・精華町・木津町などが、国立国会図書館関西館開館を機に実施した。
近鉄ご利用の際は立ち止まってご覧いただきたい。

------------------

(1)秋は「加茂町」が面白い!

■恭仁京〜秋桜まつり
日程 10月12日(土)・13日(日)
会場 恭仁京跡周辺

◆奈良時代、たった4年だけ日本の首都であった恭仁京。
1200年の後、たった2日だけよみがえる恭仁京。
加茂町最大のイベントです。
(この両日で、町の人口の数倍が集まる)
とにかく、恭仁京市が圧巻。
古代調にセットされた露店(いや、あれは露店ではない!!まさに市だ!!)に並ぶ、全国から集められた地方特産品が見事。
見て回るだけでも、充分楽しい。
ダイエット中の人は、つまみ食いのしすぎに注意(笑)。
去年・一昨年は、日本酒(地酒)やらそろそろ解禁の丹波ワイン(もちろん新酒!!)の試飲が、たくさんあった。
あと、大きなところでは、大極殿をまねて創られた舞台。
その舞台でのイベントは、毎年恒例の猿楽がメイン。
初日、夕暮れ&かがり火で見るのが通。
(夕方は冷えるので、少し厚着がいいかも)ちなみに、舞台は、一日中、誰かが、何か演奏やってます。
去年は、お琴をBGMにお茶会とかもやってたけど、今年はどうだろう?そうそう、恭仁京周辺はコスモス畑。
毎年、この日にあわせて撮影に来るカメラマンも多いですねぇ〜。
あ、それから、募集もあります。

「恭仁京百人一首かるた大会」
申込締切 10月7日(月)
参加資格 小学生以上
お問合わせ 商工会 TEL:0774-76-2970
http://kamo-kunikyo.kyoto-fsci.or.jp/

_____________________________

次です。
加茂町プラネタリウム館から。

ドームDEファッション
星空が舞台の映像ファッションショー
日時 11月10日(日)、午後2時開演予定
入館料 大人700円・学生500円
定員 80人
京都府あけぼの賞に輝いたデザイナー・古野雅子氏と、加茂町プラネタリウム館がお贈りする新しいスタイルのファッションショー。
洋服の中に日本の伝統美を取り入れた独特の世界を構成する古野氏のデザインをプラネタリウムドームに投影。
解説はもちろん古野雅子氏。
お問合わせ 加茂町プラネタリウム館 TEL:0774-76-7645

________________________________

中淳志講演会&写真展逆境に生きる〜アフガン・バーミヤンレポート〜

日時 10月4日(金) 午後6時30分から
場所 夢街道・国際交流子ども館(加茂町里新戸114)
参加費 子ども:無料、大人:500円
定員 100人 
※要・事前申し込み(往復はがきかFAXで)
※写真展は10日(木)まで、入場無料。

笠置町在住の写真家・中淳志さんの講演会。
この7月、混乱の続くアフガニスタンに単身で入国。
旧タリバン政権により、巨大大仏などが破壊された、バーミヤン石窟群の全容撮影に成功。
全滅も危惧されていた石窟群の中から、生き残った壁画や石仏を発見したのは有名な話。
(くわしく知りたい人は、インターネットで、「中淳志」を検索すると、たくさん情報が出てきます)
お問い合わせ NPO法人:夢街道・国際交流子ども館
  TEL:0774-76-0129 FAX:0774-76-0108

-----------------------

(2)第3回関西文化学術研究都市 出張ゼミナールご案内

★関西文化学術研究都市では、国の研究施設や大学、企業の研究所など、現在74の施設が立地されており、さまざまな技術や研究成果が日々生まれています。
そこで、京都商工会議所では、(財)関西文化学術研究都市推進機構、(社)京都工業会との共催のもと、学研都市の持つポテンシャルを地元京都において十分活用していくため、学研都市で生み出された研究成果や技術開発などを広く地元京都企業にPRする「関西文化学術研究都市出張ゼミナール」をシリーズで開催致します。
第3回目は、ナノテクノロジーの一種として、ゲノム情報に物質科学の技術を融合して 医療や福祉、環境といった身近な暮らしに役立つ新しい材料の創成を研究されている奈良先端科学技術大学院大学 教授 谷原正夫様より、「ゲノム情報を利用した材料開発」についてご説明いただきます。
この機会に、学研都市の持つシーズに対する理解、認識を深め、共同研究・新事業展開の契機にしていただければと存じます。
多数のご参加をお待ちしております。

◆日時:平成14年10月11日(金)
  17:30〜19:00 <セミナー>
  19:00〜20:00 <交流会>

◆場所:京都商工会議所役員室(3階)
<京都市中京区烏丸通夷川上ル>

◆講師:奈良先端科学技術大学院大学教授 谷原正夫氏

◆内容:ヒトの全遺伝子が解明され、現在これを基に病気のメカニズムの解明や新しい医療の開発が始まっています。
ナノテク分野の研究として、ゲノム情報に物質科学の技術を融合して、医療や福祉、環境といった身近な暮らしに役立つ新しい材料の創成に取り組んでおられる谷原先生のご研究について骨修復材料や環境浄化材料などの研究成果の実例紹介です。

◆参加費:2,000円(交流会費含む)
<当日受付にて申し受けます>
<お問い合せ>京都商工会議所 産業振興部
  TEL:075-212-6442 FAX:075-255-0428
インターネット、メールでもお申込みいただけます
http://www.kyo.or.jp/kyoto/

---------------------------

(3)文系産学官連携推進セミナー

「文系産学官連携のすすめ〜知のアイデアで競争力強化〜」開催

京都文藝復興倶楽部最近の産学連携や大学改革に対する気運の盛り上がりを受け、各地で産学官連携による取り組みが行われています。
この様な取り組みは、単に理工系学部にとどまるものではなく、大学の持つ知的資産の地元還元という観点から、文系・芸術系学部にとっても同様に重要です。
京都文藝復興倶楽部では、この度経済産業省の平成14年度新規成長産業連携支援事業に採択され、会員の皆様方の情報交流、専門家とのマッチング等を一層強力に進めていくことになりました。
特に今回のセミナーにおいては、近畿経済産業局の全面的な支援を受け、これまでの京都文藝復興倶楽部の活動の他に、連携事業の具体的な取り組みをパネルディスカッション等で広くご紹介する内容になっています。
本セミナーが、中小企業の皆様が抱えている商品企画・デザイン等の課題に対し、芸術大学の専門家が助言を行うことで具体的な解決の糸口を見出していく「きっかけ」を作り出すとともに、産学官連携事業に対する中小企業の皆様の理解を深め、産学官連携事業の推進と京都の伝統産業・地場産業の活性化につながることを期待しています。
また、今回は第2回会員企業・団体様の事業展示会も同時に開催します。
ぜひ、ご参加・ご見学して頂きますようお願い致します。

◇日 時:平成14年10月4日(金)
  第1部 セミナー 14:00〜17:05
  第2部 交流会  17:15〜18:15

◇場 所:京都造形芸術大学内 春秋座
  交通機関等アクセスについてはこちらをご覧下さい。
  → http://www.kyoto-art.ac.jp/index.shtml

◇主 催:京都文芸復興倶楽部

◇後 援:近畿経済産業局(予定)

◇参加費:無料(ただし交流会は有料(3,000円)です。)

◇定 員:250名

◇対 象:京都文藝復興倶楽部会員、中小事業者、大学関係者、行政機関など

◇概 要: 
(1)主催者挨拶
  京都文藝復興倶楽部代表幹事 芳賀 徹 
(2)基調プレゼンテーション
  近畿経済産業局 産学官連携推進室長松本 敏明 氏 
(3)産学連携事業発表
  株式会社さん・おいけ代表取締役 尾池貴美子 氏
  京都造形芸術大学リエゾン室長 山田 純二 氏 
(4)パネルディスカッション
  テーマ「文系産学官連携のすすめ-知のアイデアで競争力強化-」
  <コーディネーター>
     弁護士・飛翔法律事務所共同代表 五島 洋氏
     中小企業ベンチャー総合支援センター近畿アドバイザー 
  <パネリスト>
     京都造形芸術大学空間演出デザイン学科長 大野木 啓人氏
     京都造形芸術大学リエゾン室長 山田 純二氏
     株式会社さん・おいけ代表取締役 尾池 貴美子氏
     株式会社ロマンライフ 代表取締役社長 河内 誠氏
     京都銀行 法人金融部 部長代理 奥田 正男氏
     近畿経済産業局 産学官連携推進室長 松本 敏明氏

第2部 交流会 於:人間館tenshin

◇当日は、ロビー、ホワイエにて、京都文芸復興倶楽部会員の事業内容および商品に関するブース展示を行っております。
こちらもご覧下さい。

◇お申し込み・お問い合わせ先
   京都文藝復興倶楽部 事務局(担当:山田純二)
    〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116京都造形芸術大学内
    TEL:(075)791-9124 FAX:(075)791-9127

駐車場はございません。

次へ




相楽ねっと    2002年