◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2003年


京都府南部ニュース 2003年

エデュテイメントフォーラム2003京都のご案内
科学系博物館教育機能活用推進事業シンポジウムが開催されます
第3回世界水フォーラム関連事業「けいはんな高度水処理技術フォーラム」

2003年3月7日配信

2003年のニュースの目次へもどる

◎今回もフォーラムのご案内特集。
長文ですがお付き合いください。
ところで、先日の「和歌劇-額田姫王」びわ湖ホールでの公演、満席でした。
(大雨でしたが、開演30分前には長蛇の列!)。
いよいよ5月9日(金)は、大阪いずみホールにて午後7時から「大阪公演」。
京阪電車「京橋」から便利なところてす。
文化の関西プロジェクト「プロジェクトK」も応援しています。
けいはんな学研都市関係者としても「ネオカデン」文化のフロンティアとして応援したいと思います。
お問い合せは06-6317-3873(うたまくら)まで。
「和歌劇」は、舞台の大きさをはるかに超えるスケールで、自分の中に広がっていきました。
大阪方面の皆様、ご期待ください。

---------------------------------------------

(1)「エデュテイメント」ってご存じ???

  エデュテイメントフォーラム2003京都のご案内
  e-授業をのぞいてみよう!
  http://www.kyoto-one.ad.jp/edutainment/ef2003/top.html

当フォーラムは、教育コンテンツ産業の振興支援及び「総合的な学習の時間」情報教育の推進を目的としています。
5回目を迎える今回は、e-learningをテーマにしたセミナーや学校と企業が連携した授業事例の紹介、教育コンテンツ及びシステムの展示などを中心に実施します。
コンテンツ開発の参考に、また教育関係者との交流に、是非ご参加下さい。

◆日 程  2003年3月25日(火)〜26日(水)9:00〜17:30

◆会 場  京都リサーチパーク 1号館4階

◆対 象  教育関係者、教育・情報関連企業

◆入場料  無料

◆主 催  京都府、(財)京都産業21、京都リサーチパーク(株)

◆後 援  総務省、文部科学省、経済産業省、京都府教育委員会、
(予定) 京都市教育委員会、(財)デジタルコンテンツ協会 等

プログラム等の詳細とお申込については下記をご覧下さい。
URL:http://www.kyoto-one.ad.jp/edutainment/ef2003/top.html

※事前申込制(定員になり次第締め切らせていただきます)

問合先 エデュテイメントフォーラム2003京都事務局
     京都リサーチパーク(株)企画部内
     TEL:075-315-8326
     FAX:075-315-9134

----------------------------------------------------------

(2)平成14年度 科学系博物館教育機能活用推進事業シンポジウム開催のご案内

◆目 的
科学系博物館教育機能活用推進事業の成果を広く普及するとともに、我が国の博物館活動の充実・発展に資するため、今年度科学系博物館教育機能活用推進事業を実施している博物館等をはじめとする博物館関係者等が一堂に会し、事業の成果を発表し、その成果の今後の活用方策について検討します。
なお、このシンポジウムの模様は後日、エル・ネットにより放映する予定です。

◆期 日  平成14年3月27日(木)

◆場 所  東京国立博物館 平成館 大講堂

◆主 催  文部科学省

◆参加者
平成14年度科学系博物館教育機能活用推進事業実施館、博物館関係者等

◆日 程
9:30 受 付
10:00  開 会
(5分)  日程説明(文部科学省生涯学習政策局社会教育課地域学習活動推進室長)
(25分)  主催者あいさつ(文部科学省大臣官房審議官(生涯学習政策局担当))

10:30  基調講演
(50分)  竹内  誠(東京都江戸東京博物館館長)

11:20 事例発表 2館(1事例:20分)(20分×2)
テーマ1「学校教育との連携」
<京都科学系博物館教育機能活用推進事業実行委員会>
理科離れの傾向が現れ始める小学校高学年を対象とした三葉虫を題材とする学習プログラムの作成について
<愛媛県総合科学博物館>
博物館の所蔵する標本・資料を活用した地学・天文教材の製作及びプラネタリウムの利用による中学校理科教員の研修会について

12:00 昼食とパネル展示の見学(自由)
(90分)  事例発表を行った実行委員会等以外の各事業に関する紹介の写真パネル等を別室に展示し,各実行委員会等の担当者が待機し,事業紹介や意見交換を行う。

13:30 事例発表 2館(1事例:20分)(20分×2)
テーマ2「地域学習活動への貢献」
<江ノ島水族館海洋教室推進委員会>
学芸員・教員・地域住民等の連携による教育プログラムの共同研究・開発やジュニアキュレーター会議、事業発表会を通じた地域学習活動への貢献について

テーマ3「アウト・リーチ活動」
<財団法人大町エネルギー博物館>
学校理科室等では体験が難しい大がかりな実験器具による希望する学校での実験講座を通じた科学に対する普及啓発活動の実施について

14:10 全体協議(パネルディスカッション)
(90分)
 コーディネーター(1名)奥野花代子(神奈川県立生命の星・地球博物館専門学芸員)
 パネリスト(4名)
 事例発表者

15:40 終 了

◆お問い合せ
文部科学省生涯学習政策局社会教育課博物館振興係
電話03-5253-4111代表

----------------------------------------------

(3)第3回世界水フォーラム関連事業「けいはんな高度水処理技術フォーラム」のご案内

★研究所の視察ツアーもセット!!
英語同時通訳対応!!
外国人研究者、外国人英語指導助手などの皆さんも参加していただけます。

学研都市研究所の最先端研究成果や、府立木津高校の生徒さん達が自発的にはじめた環境に対する取組等を御紹介し、参加者のみなさんと一緒に、私たちの将来の水環境について考えます。

<第3回世界水フォーラム>
けいはんな高度水処理技術セミナー

とき:平成15年3月17日(月)10時30分〜16時00分
場所:ハイタッチリサーチパーク 京都府木津町積水ハウス総合住宅研究所内タッチワンホール(近鉄高の原駅から北へ徒歩10分)

<AM>
講演会: 私たちの生活と高度水処理技術
 (講師) 宗宮 功 京都大学名誉教授

研究発表:木津川とその支流の水質調査活動について
 (発表者)府立木津高校「化学クラブ」のみなさん
      昨夏、日本環境化学会高校環境化学最優秀賞を受賞。

<PM>
学研都市内環境関連研究施設等を見学(バスで移動します)。

(1)アタカ工業環境研究所「最先端高度水処理技術研究」
(2)地球環境産業技術研究機構RITE「地球環境問題研究」
(3)木津川上流浄化センター「高度処理の現場」(
(4)福寿園CHAセンター 「抹茶体験」)
   抹茶体験定員は30名です。
   (先着順・実費500円が必要です)

定 員:100名(定員になり次第募集を締め切ります。お早めに申込みください)
参加費: 無料(抹茶体験は希望者のみ、実費500円)

申込み方法:下記までFAX又はメールでお申し込みください。
(社)システム科学研究所けいはんな高度水処理技術セミナー担当あて
FAX番号 075(231)4404

◆けいはんな高度水処理技術セミナー参加申込◆
・御名前・学校(団体)名・御連絡先のFAX又はメールアドレス・抹茶体験申込(希望・希望しない)をお知らせください。
参加者決定の方には事務局から御連絡いたします。

主催:京都府

後援:第3回世界水フォーラム推進京都実行委員会
    京と地球の共生府民会議
    けいはんな子どもサイエンススクール推進会議

お問い合わせ先:京都府企画環境部文化学術研究都市推進室計画調整係(075-414-5195)

次へ




相楽ねっと    2003年