◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2005年


京都府南部ニュース 2005年

京都府加茂町体験ツアーご案内
学生達が簡単に3次元CGを作成できるツール開発、公開

2005年3月28日配信

■「関西元気文化圏」が猛威!「文化力」警報発令中!■
◇最新の「警報!」は下記へ。◇
http://bunka-ryoku.goo.ne.jp/
◇提供:文化庁文化広報推進室◇


京都府地域難読・面白地名シリーズ(8)

「化野」と書いて「○○」と読みます。 答えは最後に!


◎横浜「三渓園」に京都府加茂町を発見!

月刊「京都」で連載中の「お江戸の中の京都」で今、 話題となっているのが、横浜の「三渓園」。

執筆者の西田承元さんは京丹後市在住の方。現職の僧侶。 ご記憶の方もおられると思うが、氏は「首相官邸は丹後峰山 藩京極家の江戸上屋敷だった」という話題を同誌で紹介いた だいた方。京丹後市ゆかりの地が東京にあるというのは修学旅行 で是非、地元の子供たちに訪れてもらいたいと思う。

さて、今回は京都南部の加茂町。かつては首都「恭仁京」がおかれ、 和銅開宝鋳造の地としても知られる。 松阪慶子さんの写真集で撮影場所として選ばれた浄瑠璃寺もある。 (これは少しマニアックでした・・・) 国宝五重塔で有名な海住山寺も同町。

これだけでも「すごいなあ」と思うのだが、国内でも有数の 庭園美を誇る横浜の「三渓園」には、かつて加茂町にあって、今は 廃寺となった寺の本堂、三重の塔がある。旧燈明寺がそれだ。

移築されたのは大正時代だが、見事に往時の姿が復元され、三渓園 のシンボル的な塔として小高い丘にそびえ立っている。

燈明寺は一体どこにあったのだろうか。そして加茂町にあったときは どのような伽藍であったのだろう。想いはふくらんでゆく。

「三渓園」は根岸線「根岸駅」からバスが便利。帰りは本牧界隈を 散策し、山下公園、中華街へと足をのばすのも楽しい。


◎地域への提案・・・・「公務員」を活かす!

バーチャル役所というものを考えてみた。 公務員のノウハウを府県市町村、分野の壁を超えて役所の外で 活かしていくというもの。

住民やNPOや企業などが地域で何かするときに、 ノンストップで相談にのるネットワークがあればアクションが 早くなるだろうと思う。

役所の窓口で悪いわけではないが、まだまだサービス産業としての 「極意」には達していないのが現状。これには組織として動くため の様々な制約やしがらみもあるのだろう。

公務員が活き活きとする場は「使ってもらって喜んでもらう」という 場面だろう。そんな場面を有志が集まって創り出そうというものだ。 既に、京都では府市町の枠を超えて、志を同じくする者が集まって 検討を開始した。

できれば全国ネットに育っていけば、全国の公務員のノウハウが 共有できる。 NPOかベンチャーか、そんな姿にも成りうるだろう。 楽しみだ。

(1)京都府加茂町体験ツアーご案内

その1
「京都やましろ産 タケノコ堀り体験」
■日時 4月10日(日)午前9時45分集合
■集合場所 JR関西本線「加茂駅」東口
■参加費 三千円(タケノコ6本までお持ち帰り、たけのこ入りおにぎり付)
■浄瑠璃寺へのオプショナルツアーあり。
■持ち物 スコップ等、動きやすい服装
■定員 30名
■お問い合わせ、お申し込み先
 加茂町商工会 電話0774-76-2970
 エコツーリヅム関西(矢野) 090-8533-2173

その2
「加茂町 岩船寺スケッチツアー」
■日時 4月23日(土)午前9時集合
■集合場所 JR関西本線「加茂駅」東口
■参加費 1500円(拝観料等)
■持ち物 スケッチ用具、弁当
■定員 30名
■お問い合わせ、お申し込み先は上記に同じです。

(2)学生達が簡単に3次元CGを作成できるツール開発を行っており、公開しております。

NPOけいはんな文化学術協会からのお知らせです。

http://ldm-rg.com/mgfa.htm
今回、そのツールを使ったCGコンテストを
http://ldm-rg.com/mgfa_c.htm
開催しており、作品が出揃いました。
http://ldm-rg.com/entry.htm
東大、奈良女子、西大和の36作品がノミネートされています。

一度、覗いていただければ幸いです。 現在審査中ですので、また、審査結果が決まりましたら 報告させていただきます。


京都府地域難読・面白地名シリーズ(8)の答え

「化野」と書いて「あだしの」と読みます。 京都を舞台としたサスペンスドラマに良く登場する地名。 念仏寺で有名です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

☆京都インターネットテレビは下記へアクセスを!
http://www.kyoto-tv.info/
京都インターネットテレビ(産業編集センター)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2005年