◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2005年


京都府南部ニュース 2005年

唱歌「ふるさと」
第2回STSフォーラム 公開シンポジウム〜科学技術が拓く人間の未来」〜
京都府農業資源研究センター・京都府立大学農学部附属農場施設公開
けいはんなでサイエンスしましょう。9月度S-cubeのご案内です。
京都三条界隈の夜が面白い「三条あかり景色」のご案内

2005年9月1日配信

★京都から文化力!芸術に染まる秋の京都★

「京都文化祭典'05」がいよいよスタートします。 詳しくはhttp://k-af.com

□文化庁月報は「秋」の必須アイテム! http://www.bunka.go.jp/

□日本の秋は「関西元気文化圏」で! http://bunka-ryoku.goo.ne.jp/

◇協力:文化庁文化広報推進室、文化庁地域文化振興室◇

唱歌「ふるさと」

先日の長岡天満宮コンサートは大勢のお客様にお越しいだけた。 毎回のことだが、抽選にもれた方には申し訳なく思う。 今回は20周年記念ということもあって著名な方々からのメッ セージも多数頂戴した。心から感謝申し上げたい。

コンサートの最後には恒例となった「ふるさと」を会場全体で歌う。 メッセージを寄せていただいた著名な方もこの歌が大好きだと 仰っておられた。(カラオケにもあります!)

僕は特に三番の歌詞が好きだ。「志を果たして、いつの日にか帰らん。 山はあおきふるさと、水はきよきふるさと」。 志は果たすもの。それまではあきらめてはいけない。美しいふるさとへ 志を果たした清々しい気持ちで帰りたい、懐かしの家族、友人のもとに 「やったよ!」と言って帰りたい。いま、改めて、この歌詞の重みを感じて いる。志を立てた人よ、あきらめるな。いまいるところがふるさとなのだ。

(1)ノーベル賞の英知が直接語ります。未来を少し感じてみませんか?
第2回STSフォーラム 公開シンポジウム〜科学技術が拓く人間の未来」〜

詳細情報URL: http://www.pref.kyoto.jp/temporary/sts/index.html

■日時:平成17年9月10日(土)13:30〜16:30

■会場:京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール
京都市左京区吉田本町(075)753-7531(代)

■定員:先着500名(参加費無料)

■受付:9月7日までに電話、FAX又はメールのいずれかで申し込んで ください。

■申し込み必要事項:氏名(ふりがな)、電話番号

■申込先・お問い合わせ先:STSフォーラム支援京都実行委員会
窓口:京都府経済交流・貿易室 あて
電話:075-414-4840  FAX:075-414-4842

(2)平成17年度 京都府農業資源研究センター・京都府立大学農学部附属農場施設公開のご案内です。楽しいコーナー盛りだくさんです。

http://www.kab.seika.kyoto.jp/menu2-1/koukai.html

京都府農業資源研究センタ-と京都府立大学農学部附属農場で行っ ているバイオテクノロジー研究や大学の農場教育の内容を、広く一 般の方々に知っていただくために、今年度も施設公開を実施します。 ぜひ、お越しください。

■日 時:平成17年9月10日(土)午前10時〜午後3時

■場 所:
京都府農業資源研究センター及び京都府立大学農学部附属農場
京都府相楽郡精華町大字北稲八間小字大路74番地
TEL 0774-93-3525,  FAX 0774-93-3528
公共交通機関がありませんので、近鉄京都線「新祝園駅」・JR学 園都市線「祝園駅」下車タクシーで約10分。または自家用車でご来 場ください。無料駐車場約50台分を用意しています。

■参加費: 無料

■内 容:
(1)ふれてみようバイテクコーナー
簡単なバイテク実験が体験できます。毎年、大人にも子供に も、大人気のコーナーです。
(2)まわってみよう研究紹介・施設見学ツア-
スライドやコンピュターで研究内容を紹介します。また、 実際に、野菜や果物が植えてあるほ場や温室を見学します。
(3)やってみよう園芸教室・家庭菜園相談コーナー
花空間けいはんな等から専門家を招き、種まきやさし木の 実演をします。ガーデニングについての質問、相談もOK。
(4)体験しよう野菜収穫コーナー
去年も好評でしたミズナの収穫体験をします。
(5)京野菜試食コーナー
農業資源研究センターで品種改良中のなす、黒大豆エダマメ などが試食できます。
(6)生産物販売コーナー
果樹園や畑で採れたての果物、野菜など。新鮮でおいしい!
(7)プレゼントコーナー
アンケートに答えてもらった方には全員に花苗をプレゼント。
(8)クイズコーナー
ジャンボカボチャの重さを当てよう! 10kg? 20kg??
正解者には、素敵なプレゼントが。
(9)模擬店・直売コーナー
地元農村女性グループ等が出店。昼食やおみやげにご利用ください。
(10)高校・公開実験室利用者展示コーナー
地元、木津高校農業関係の生徒さんやの公開実験室利用者の研究成果 をパネルで紹介。

■お問い合わせ
京都府農業資源研究センター(Kyoto Prefectural Institute of Agricultural Biotechnology: KAB)
〒619-0244 京都府相楽郡精華町北稲八間大路74
TEL: 0774(93)3525 FAX: 0774(93)3528

(3)けいはんなでサイエンスしましょう。
9月度S-cubeのご案内です。

詳細につきましては下記ホームページをご覧ください。
http://wwwitblpg.apr.jaeri.go.jp/itblpg/seminar/s-cube.html


○9/21(水)17:00〜18:00
第110回セミナー『円滑なコミュニケーションのための図の活用 -3次元図形を2次元で表現する方法のあれこれと作図法-』 http://wwwitblpg.apr.jaeri.go.jp/itblpg/seminar/s-cube/110/dimensions.html
図の利用が適切でなければ、せっかくの優れたアイディアであっても、 説得力に結びつかなかったり、誤解を招くことにもなりかねません。本 セミナーでは、3次元図形を2次元で表現する様々な投影法の特徴を知り、 適切な図の利用を行うための知識を身に付けるとともに、一部の投影法 について実際に作図演習を行い、投影法の習得を行います。
講師:鈴木広隆 氏(大阪市立大学 工学研究科 都市系専攻 講師)


○9/28(水)17:00〜18:00
第111回セミナー『ロボット機構 -身近にあるものからメカを考えよう-』
http://wwwitblpg.apr.jaeri.go.jp/itblpg/seminar/s-cube/111/robot_mecha.html
鉄道、自動車、船や身の回りにあるものから多くの機構(メカニズム)を 学ぶことができる。機構は機械が動く仕組みのことであり、この知識を 応用するとユニークなロボットができる。私が発見したメカを紹介する。
講師:岩本 太郎 氏(龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 教授)


〒619-0215 京都府相楽郡木津町梅美台8丁目1番
日本原子力研究所 計算科学技術推進センター
ITBL利用推進室
(S-cube事務局)
TEL:0774-71-3451(直)
FAX:0774-71-3450

(4)京都三条界隈の夜が面白い「三条あかり景色」のご案内
NPO法人 けいはんな文化学術協会

大規模データマネージメント研究会(http://ldm-rg.com/)上島さんからの 情報です。

■来る9月9日〜14日に展覧会「幻想の光風景」(http://ldm-rg.com/ivse.htm) を行うインタラクティブ・ボリューム・スクリーンが京都の秋の新名物 イベント「三条あかり景色」(http://www.do-kyoto.jp/machi/akari/) に推薦展示されることになりました。(同志社女子大学のみなさんありが とうございました。)

「三条あかり景色」では、展覧会「幻想の光風景」とは異なり、屋外での 大規模展覧となります。また、場所は新撰組の池田屋事件など京都のシンボル 的な場所である三条の三条小橋/高瀬川の川上にスクリーンを仕掛けます。

開催時期が9月17日〜19日という3連休になりますので、皆さん、京都へ来る機会 がありましたら秋の夜長の締めくくりとして、是非お立ち寄りください。

■「三条あかり景色」のご案内
http://www.do-kyoto.jp/machi/akari/

日時 :2005年9月17日(土)-19日(月)19:00 - 22:00

場所 :京都市中京区三条通り(烏丸〜三条京阪KYOUEN)
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.0.20.399&el=135.46.23.562&la=1&fi=1&sc=3
インタラクティブ・ボリューム・スクリーン展覧場所
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.0.20.399&el=135.46.23.562&la=1&fi=1&sc=1l

観覧料:無料

主催 楽洛まちぶら会

共催 どうする京都市民クラブ、財団法人京都市景観・まちづくりセンター 他

後援 京都府、京都市、京都商工会議所、京都文化博物館、大学コンソーシアム京 都、KBS京都、京都新聞社、読売新聞京都総局、朝日新聞京都総局、 NHK京都放送局、京都経済同友会、毎日新聞京都支社(予定) 協力 コラボレーション団体など

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2005年