◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2006年


京都府南部ニュース 2006年

「仕事」
チョウのように舞い、サメのように泳ぐ繊維の進化体験

2006年2月22日配信

◆「文化の甲子園」国高校総合文化祭京都開催!今年8月です。◆

□文化庁地域文化振興室メールマガジン好評配信中□
http://www.bunka.go.jp/1bungei/bunkasinkou/

◇協力:文化庁地域文化振興室

□関西元気文化圏構想は「あなた」も参加できます□
http://bunka-ryoku.goo.ne.jp/

◇協力:文化庁文化広報推進室、文化庁地域文化振興室◇

◆全国3万数千人会員の「同窓会」今年5月28日京都で開催
「桃山同窓会」国立京都国際会館にて。「同窓会も文化」◆
http://momoalum.hp.infoseek.co.jp/


★ご無沙汰です。約1ヶ月ぶり。「まだ出ないの?」といろんな方からメール 頂戴しました。「やっと出ました!」・・・何やら変なやりとりですが、 このニュースは皆様の場としてご活用ください。★

◎「行」
昔に習ったことだが、行という漢字は、「ぎょうにんべん」が向き合っている ことから、「人を背負った人同志が向き合った姿」を表しているという。 漢字は表意文字なので実に新鮮に聞こえた。「修行か修業」で、迷うことも あるが、僕は「修行」。武道では修行、仏門も修行。人を背負った人が向き合う ということに意味があるように思う。人間社会は、誰もが人を背負い、向き合い 隣り合いしながら、人の喜怒哀楽を感じ、人と一緒にこの世に存在する意味を 考え、自己を高めていくことが「修行」なのだと思う。 仕事もそうなんだと思えば、「おれがおれが」という気持ちよりも、「この人のため、 あの人のため」ということをまず考えてみたくなる。向き合った人々が喜ぶ顔を 見たいし、何より背負った人の涙が背中に落ちることほど辛いことはないから。

「仕事」

漢字の話ではない。京都南部「けいはんな学研都市」に「私のしごと館」という 体験施設がある。修学旅行や体験学習の子供たちで賑わっている。大人も 楽しめる施設だが、人気の秘密は「体験」にある。仕事が体験出来ることが 最大の魅力。パンを作る仕事、美容師の仕事など、実際のプロが体験を 指導するからリアリティがある。ワークショップでは、近隣の自治体も協力して いる。例えば消防士の仕事。自治体消防から職員がワークショップの講師で 仕事の実際を説明する。欲を言うなら、「もっとフィールドを活用しては」という ことだ。地域には「ほんまもん」が沢山ある。そういう「ほんまもん」を「しごと館」 の一部として位置づけ、「青少年よ野に出よ」という仕掛けをしてほしい。 地域のリソースは「ほんまもんの輝き」を放っている。
ところで、「ほんまもんの仕事」に触れるイベントとして「本日」ではあるが 京都三条ラジオカフェのイベントを紹介したい。
この講座、シリーズでいろんなプロが登場する。プロだけが放つオーラを感じて、 多くの人が「仕事」を考えるきっかけとなってほしい。

以下ご案内

■2/22(水)開催  学生(若者)のための『ラジオ番組制作力向上講座』■

ラジオカフェで番組を制作している学生(若者)の皆さん、または番組づくりに 興味を持っている方々のための制作力向上講座です。

今回は、映像、テレビ、ラジオ、ゲーム、ケータイ、ITなど様々な分野のコンテンツ 制作、事業開発をされている株式会社キッズカンパニー副社長・中西啓文さんを 講師にお招きして、実際の現場をお話や体験コーナーでのアドバイスなどを お願いいたします。

●日時=2006年2月22日(水)19:00〜21:00  

●場所=京都三条ラジオカフェ店舗(三条通御幸町角1928ビル1F)

●内容=
□19:00〜 ゲストトーク『番組コンテンツ制作について』
◎ゲスト・トーク
◎体験アドバイス・コーナー
ゲスト/中西啓文さん(株式会社 キッズカンパニー代表取締役副社長、 事業開発室室長)
□20:00〜 アドバイストーク&質問&意見交換
※会場の皆さんへの指導もあります。

●参加対象=学生&若者(自分は若いと思っている年配の方もどうぞ!)

■司会:松浦哲郎・ラジオカフェディレクター

■参加費・無料 (1ドリンクをご注文お願いします)

■問い合わせ:075-254-8556

◆主催:京都三条ラジオカフェ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【中西啓文さんプロフィール】
日本大学芸術学部映画学科卒業後、制作会社で日本テレビ網番組、KBS京都の番組などに関わった後、 昭和61年、株式会社キッズカンパニーを代表取締役社長河合純氏と共に設立。
京都発の放送基準をクリアした編集室(ポストプロダクション)を併設した総合プロダクションとして、京都府広報番組、松竹の時代劇や2時間ドラマの撮影・編集業務、企業PRと様々な分野での映像コンテンツ制作に携わる。
FM京都の開局と同時にラジオ番組の制作も開始。
一方、メディアの多角化に対応すべく、松下電器のゲーム機「3DO」の発売時に業界では先進的な動画を利用したゲームソフト「ウルトラマン」「京都鞍馬山荘殺人事件」などの開発に参加。
スカイパーフェクトTV、インターネットでの動画配信などに関わる。
1997年京都で開催された「地球温暖化防止国際会議(COP3)」での全世界へ向けた会議中継に参加。現在は新しく開発されたメディア対し、従来の制作ノウハウを変化させながら常に消費者のニーズを先取りするコンテンツ開発のプロデュース業務を行っている。
京都府IT推進専門化会議委員
京都高度情報化推進協議会会員
デジタルコンテンツ協会会員
日本ポストプロダクション協会会員


「こんなことも科学だったんだ」!という驚きの世界にご招待。
チョウのように舞い、サメのように泳ぐ繊維の進化体験!

■第16回LSS(レディース・サイエンス・セッション)企画イベント
チョウのように舞い、サメのように泳ぐ 繊維の進化体験

興味ある多彩な内容で開催

1.開催主旨:
各界の女性をメンバーに構成された委員会「LSS(レディース・サイエンス・ セッション)は、毎年話題性の高いテーマをひとつ選び、「こんなことも 科学だったんだ」と新たな発見するきっかけづくりを目的に活動し、 成果発表として様々なイベント等を行っています。
LSSメンバーが今年度選んだテーマは「繊維」。
自然から学んで開発 された最先端の繊維を紹介し、ワークショップにおいて 実際に体感していただけるイベントを開催致します。

2.構  成:
●第1部 トークライブ ―
帝人ファイバー(株) テキスタイル事業部 寳谷 恭成 氏
同ファイバー事業部  山田 順子 氏
ミズノ(株)商品開発部 松崎 健 氏
●第2部 
サイエンス・イリュージョン   ―  村田 直之 氏
*センイをテーマにした楽しいマジックショーをご覧いただきます。
●第3部 ワークショップ  
*1部で紹介した夢のセンイ実物展示や実演を行います。
●第4部 抽選会

3.主催等:
(1)主 催:(財)大阪科学技術センター/LSS(レディース・サイエンス・セッション)
(2)協 賛:大阪ガス(株)、(株)大林組、関西原子力懇談会、(株)関西電力、 ダイハツ工業(株)、(株)竹中工務店、日立造船(株)、松下電器産業(株)
※50音順
(3)協 力:サントリー(株)、帝人ファイバー(株)、ミズノ(株)、ワコール(株)
※50音順
(4)日 時:平成18年2月25日(土)13:30〜16:30(開場13:00)
(5)場 所:大阪科学技術センタービル 8階大・中ホール  (大阪市西区靱本町1丁目8番4号)
(6)対 象:どなたでもご参加いただけます。
(7)参 加 費:1,000円
(8)定 員:300名(応募多数の場合抽選)
(9)申込方法:イベントタイトル名、郵便番号、住所、氏名、性別、年齢、  職業、電話番号、FAX番号、Eメールアドレス、本イベントを知った理 由を明記の上、 FAX・ハガキ・Eメールにて下記までお申込み下さい。 受付後、参加証を送付いたします。
※電話でのお申し込みはしておりませんのでご注意下さい。
問い合せ先:〒550-0004 大阪市西区靱本町1-8-4
(財)大阪科学技術センター 普及事業部
TEL06-6443-5318
FAX06-6443-5319
http://www.ostec.or.jp/pop/lss/lss.asp

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2006年