◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2006年


京都府南部ニュース 2006年

番組の変わり目・・・テレビは面白い
京都府加茂町プラネタリウム館・春休み土星観望会
京都府庁旧本館「春の一般公開と観桜会」
けいはんな学研都市3月度「S-cube」のお知らせ

2006年3月22日配信

「和歌劇-遣唐使の物語」奈良公演迫る!3月25日
詳細は下記をご覧ください。
http://www.utamakura.co.jp/


番組の変わり目・・・テレビは面白い

4月はテレビ番組が大きく変わる時期だ。 昔は一年単位の長い連続ドラマや、何年も続く刑事ものもあったが、 ドラマの連続長寿番組が画面から消えて久しい。 覚えておられる方も多いと思うが「部長刑事」「七人の刑事」「事件記者」 という名作。今では、役者も制作現場も様変わりして、昔のような作品には 出来ないのだろうが、迷い、悩み、喜び、悲しみという人間味あふれるドラマ として心に強く残っている。

「部長刑事」には僕の叔父が「ちょい役」たとえば靴磨きの少年という役 で出ていたこともあり、憧れの番組だった。 制作現場のことも良く聞いたが、とにかく大変忙しく、熱く、みんなバタバタ していたということを叔父は目を輝かせて楽しそうに語っていた。 そんな叔父も役者の道を歩まず「教職」に就いた。「教職」といえば・・・・・

「女王の教室」というドラマは最近のものだが、主役の教師「阿久津先生」 が発する言葉にドキッとしたものだ。「いいかげん目覚めなさい」「学びなさい」 常に「気づきのきっかけ」を与え、本人が分かることを「信じて待つ」という姿勢。 認められなくても、分かってもらえなくとも、自分のやり方に決してぶれがない 強い信念。先の先を読み切って、児童の全てを知り尽くして、万全に計算され て発する言葉と行動。大人が見て「気づき」の多いドラマであった。 「西遊記」では「仲間」(なかま・・ではなく「なまか」と言う)の大切さ、仏の教えが 教典にあるのではなく、天竺までの困難な道のりで出逢う人々の心の中に あるということ。これも「学び」だった。

海外のテレビドラマでは長寿シリーズがあるが「ER」「サードウォッチ」などは ドラマ自体が相互乗り入れをする場面もあり、面白かった。そして、ヒーロー もヒロインもなく、日常の仕事に直面する生々しい人を素直に描いていて 好感が持てた。

4月の新番組でも様々な「気づき」「学び」があることだろう。 テレビを観ることは「受け身」という批判があるが、「どう観るか」の問題だろう。 小説を読んで何の気づきもない人でも、テレビから学べるのであれば、 それでいいじゃないかと思う。

「プロジェクトX」に勇気づけられ、「サザエさん」では日曜日が終わる寂しさを 知り、お気に入りのドラマのために仕事を早く終えて家路に就く。 テレビは「活用」すれば良い。新しい番組をどう活用し、生活にメリハリをつける か。終わる番組は惜しいが、始まる番組を心待ちにしたい。


京都府加茂町プラネタリウム館・春休み土星観望会

京都府南部の小さなプラネタリウムが「宇宙への大きな夢」を 見せてくれます。「九体阿弥陀」で有名な「浄瑠璃寺」も近い。 ちょっと足をのばせば「岩船寺」もある。
野の石仏で有名な当尾の里。春の散策と天体観望で楽しい一日が 過ごせます。僕(青柳)は、この地で巨大な流星を観たことがあります。 天体望遠鏡で観た「すぐそこにある土星の輪」にも感激。
浄瑠璃寺の本堂では飾り気のない九体の阿弥陀仏と静かに向き合う 時間が持てますよ。

■日 時:平成18年3月25日(土) 18時〜プラネタリウム 19時〜土星観望会

■場 所:加茂町プラネタリウム館(無料駐車場あり)

■内 容:プラネタリウム&天体観望会「土星大特集!」  望遠鏡で「土星の環」を見よう!

■定 員:80名(予約不要・当日先着順)

■料 金:プラネタリウム観覧料  3歳〜小学生200円・中高生300円・大人500円 

■問合せ:プラネタリウム館(土日祝) TEL:0774-76-7645 

■備 考:天候により中止となる場合があります。当日17時の 時点で決定致します。

■ 加茂町プラネタリウム館 ★
〒619-1133 京都府相楽郡加茂町大字岩船 小字ガンド2番地
TEL:0774-76-7645 FAX:0774-76-7698


京都府庁旧本館「春の一般公開と観桜会」を開催

中庭のみごとなしだれ桜の開花にあわせて、観桜会と府庁旧本館 (国指定重要文化財)の春の一般公開を初めて開催します。
旧本館中庭に咲くしだれ桜は、昭和初期に円山公園の初代しだれ桜の 実生木を植えたものです。 しだれ桜が咲き誇る春は、明治期のモダン建築の秀逸である旧本館の よさを際だたせます。
この期間は京都御所春の一般公開が行われています。 併せてお越しください。

■ 開催期間
平成18年4月5日(水曜)〜9日(日曜)
京都御所春季一般公開と同時期

■内容(申し込み不要・無料)
★4月5日(水曜) 〜9日(日曜)の毎日10:00〜17:00
● 旧知事室、正庁、貴賓応接室公開
(大正、昭和の大礼では内閣及び内務省の臨時事務所(出張所)が府庁内 に置かれ、正庁で閣議が開催されました)
●大正時代の木版画「新選京都名所」 展示
● 旧本館竣工当時のパネル展示
●明治・大正期洋風家具展示
●上映 : 京都デジタルミュージアム「京都見聞録」ほか

★ 4月8日(土曜) 13:00〜
●吹奏楽: 京都府警察音楽隊及カラーガード隊演奏・演技 
●日本舞踊、琴演奏、お茶席のおもてなし (お茶席は先着150名様限定)

★府警音楽隊では今回の出演を契機に、旧本館で年4回程度の演奏会が 計画されています。
★期間中、京都授産振興センターが「てづくり製品」を販売します。

■お問い合わせ先
京都府出納管理局財産管理課庁舎管理係
電話 075-414-4044
ファックス 075-414-5450
http://www.pref.kyoto.jp/zaisan/sakura/index.html
http://www.pref.kyoto.jp/news_boshu.html


けいはんな学研都市3月度「S-cube」のお知らせ

「けいはんなでサイエンス」しましょう。
詳細につきましては下記ホームページをご覧ください。
http://wwwitblpg.kansai.jaea.go.jp/itblpg/seminar/s-cube.html

以下、セミナー内容です。

------------------------------------------------●

■2006/3/22(水)14:30〜16:00
第124回セミナー
『次世代のクリーンエネルギー「メタンハイドレート」』
http://wwwitblpg.kansai.jaea.go.jp/itblpg/seminar/s-cube/124/methane.html
今後20年においてエネルギー危機が心配される中、わが国周辺海域に 存在するメタンハイドレートは、日本の現在の天然ガス使用量の100 年分に相当すると推定されており、石油・天然ガスに代わる次世代資源 エネルギーとして期待が集まっています。この膨大なメタンハイドレー トを資源として有効利用するため、近年多くの調査研究が行われていま す。その先端技術の概要について説明します。
【講師:兵動 正幸 氏(山口大学工学部社会建設工学科 教授) 】

------------------------------------------------●

■2006/3/23(木)14:30〜16:00
第125回セミナー
『スーパーコンピュータへの夢』
http://wwwitblpg.kansai.jaea.go.jp/itblpg/seminar/s-cube/125/spcom.html
スーパーコンピュータとは、その時代で最速の計算を行えるコンピュー タのことで、皆さんの生活にも密接に関わっています。セミナーでは、 スーパーコンピュータの歴史と現在の利用事例について、やさしく解説 します。
【講師:城 和貴 氏(奈良女子大学 理学部 情報科学科 学科長)】

------------------------------------------------●

■2006/3/24(金)14:30〜16:00
第126回セミナー
『必見!レンズアンテナ実験』
http://wwwitblpg.kansai.jaea.go.jp/itblpg/seminar/s-cube/126/lens.html
中華鍋で衛星放送が受信できることは有名ですね。鍋がパラボラ・アン テナになるからです。では、レンズでも電波が集められることは知って ますか?このぐるぐる目玉は、一番簡単なレンズ・アンテナです。これ を自作して、衛星放送受信に挑みます!
【豊増 伸治 氏(みさと天文台 天文台研究員) 】

------------------------------------------------

======================================

〒619-0215 京都府相楽郡木津町梅美台8丁目1番
日本原子力研究開発機構 システム計算科学センター
情報システム利用推進室(関西駐在)
TEL:0774-71-3451(直)
FAX: 0774-71-3450


◆「文化の甲子園」全国高校総合文化祭京都開催!今年8月です。◆
高校生主体で準備が進んでいますよ。
http://www.kyotosobun.jp

□文化庁地域文化振興室メールマガジン好評配信中□
http://www.bunka.go.jp/1bungei/bunkasinkou/
◇協力:文化庁地域文化振興室

□関西元気文化圏構想は「あなた」も参加できます。国民文化祭が 2011年に京都で開催されます。□
http://bunka-ryoku.goo.ne.jp/
◇協力:文化庁文化広報推進室、文化庁地域文化振興室◇

いよいよ「九州から文化力」がスタート!

◆全国3万数千人会員の「同窓会」今年5月28日京都で開催
「桃山同窓会」国立京都国際会館にて。「同窓会も文化」◆
http://momoalum.hp.infoseek.co.jp/

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2006年