◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2006年


京都府南部ニュース 2006年

京都烏丸から文化力-図上演習
NHK総合テレビ(関西ローカル)「京都のこれから」
京都北部ニュース〜赤レンガのまち舞鶴を散策〜
再び「小さな町の大きな挑戦」

2006年5月22日配信

京都烏丸から文化力-図上演習

京都烏丸御池に「国際マンガミュージアム」が誕生する。 元龍池小学校を活用して、本年秋にオープン予定。マンガ・アニメ は日本を代表する文化として海外で評価が高い。 その国際的拠点が京都に誕生することはとても嬉しい。

僕は小学生の頃「漫画家」を夢見ていた。手塚治虫さん、 ちばてつやさん、石ノ森章太郎さんなどにあこがれたが、結局 夢を追い続けることは出来ず、いつかは・・・と思いつつオジサンに なってしまった。その痕跡は、絵を描くことに引き継がれ、気が向けば 水彩画の道具をいじっている。

話を元に戻して、この秋のオープンで烏丸通りは、文化ストリートとして 大きな花を添えることとなる。京都駅から北大路まで、地下鉄烏丸線に沿って、 多くの文化資産が並ぶこの通りを、京都の文化力の震源地にしたいと 思うのは僕だけではないだろう。 縦軸の烏丸通りにクロスする横の通りもユニークだ。

国際マンガミュージアムを「点」で終わらせることなく、近くの「新風館」 「伝統工芸館」「COCON烏丸」「京都シネマ」「金剛能楽堂」「京都御苑」 などとどうリンクできるか、商店街とどうタイアップできるか、考えてみるの も面白そうだ。

僕は「図上演習」を提案したい。図上に沢山の情報を貼り付けていく。 そして、その情報同志の関連性、可能性を検討し、新たな企画・情報として 図上に整理していく。人の流れも想定し、時にはリアルな現場も確認し、 そうやって演習を重ね、参加者を増やしていくと、「烏丸を軸とした文化力」 が見えてくる。

災害時の図上演習の手法と同じだが、この文化力図上演習も災害時に 役に立つと思う。演習参加者が顔見知りとなり、いざというとき、お互いの 役割を受け入れ、コントロールする場がすぐに作れるからだ。 まずは、「楽しく烏丸から文化力-図上演習」を開催したい。


今週のトピック-「京都の通」なら見逃せない!
NHK総合テレビ(関西ローカル)「京都のこれから」。

この番組は、久々の大きな「京都」企画。
放送日:5月26日(金)午後7時30分〜8時43分
番組では京都にゆかりの深い著名人と市民の方々を特設スタジオに お招きして様々なテーマで京都のこれからについて探っていきます。 京都の「通」なら見逃せません!!

テーマは3つ。
(1)京の暮らし
(2)京のものづくり
(3)京都とは

ゲストの他に様々な活動をされている市民も議論に加わります。 視聴者、一般の方からのご意見を募るサイトが下記の通り設けられます ので皆さんも是非ご参加ください。
http://www.nhk.or.jp/kyoto/tv/korekara/index.html


京都北部ニュース〜赤レンガのまち舞鶴を散策〜

舞鶴市にある赤レンガ博物館が、赤レンガ倉庫群散策マップを作成されました。 観光案内所などで配布中です。
舞鶴の自然、まち並み、歴史に触れながら、散策をお楽しみください!
赤レンガ博物館
〒625-0036
舞鶴市字浜2011番地
電話 0773-66-1095


再び「小さな町の大きな挑戦」!

京都府井手町の一戸建てベンチャーインキュベート施設が話題となっている。 50平米の一戸建て。駐車場2台分のスペースあり。 現在、このインキュベート施設の入居者を募集中。 エントリーは5月末まで。「成功への道」は井手町から。

ここの魅力を上げるとすれば次のとおり。

(1)一戸建てで駐車場付。建物の床面積は何と!50平米。

(2)月額の使用料は9800円。学生は4900円。2組での 共同利用も可能(電気・水道等は別途使用料必要)

(3)国道24号に面した交通至便の地。JR奈良線「玉水駅」から徒歩 15分。(京都から乗車約30分。奈良から15分の便利さ。)

(4)施設名は「KYOTO IDE ベンチャーパーク」。学研都市から 車で15分。同志社大学・同志社女子大学京田辺キャンパスから 車で10分。

(5)周辺は24時間営業のファミリーレストラン、コンビニなどあり。 役場から徒歩5分。

(6)入居ベンチャーはいずれも研究開発や独自のビジネスモデルを持ち 相互の交流や地域連携も盛ん。

(7)役場が親身に相談に乗ってくれる。また支援も充実。

(8)奈良時代の動脈「山背古道」や橘諸兄公など歴史と文化の宝庫。

(9)木津川、蛍公園、玉川さくら堤、山城多賀フルーツライン、大正池 など自然の魅力が盛りだくさん。

・・・・ということで、書き出すとメールに収まらないくらい、面白く、元気 のある町だ。 今回のベンチャーインキュベート施設公募は5年ぶり。大きな夢を抱く チャレンジャーに是非、井手町へ来てほしい。
詳細は井手町役場企画財政課へ。
電話0774-82-2001(代表)まで。

※入居希望者に対する審査があります。希望者多数の場合は審査会 で入居者が決定されます。

※このお知らせは興味のある方に至急送ってあげてください。

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2006年