◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2006年


京都府南部ニュース 2006年

丹後の偉人、明治の人はすごいなあ〜
正月堂は何処に?!
京都府立植物園もミステリーツァー!?
京都嵐山音楽祭2006が始まります!
「京都天空まつり」「三条あかり景色」のお知らせ

2006年9月11日配信

(1)丹後の偉人、明治の人はすごいなあ〜

松本重太郎と言えば城山三郎「気張る男」の主人公。 松本重太郎は西の渋沢栄一と呼ばれた実業家。 銀行や鉄道事業を関西で興した京都府丹後出身の偉人。 彼は京都府京丹後市丹後町間人の出身だ。 僕は、高校時代からこの間人に毎年合宿に来ていたが、 その会場であった間人小学校に彼の銅像が建っているが、 最近までそれが「松本重太郎」であることを知らなかった。 「気張る男」を読んで、明治の人の気骨はすごいと思うと ともに、多分、日本中にそういう人がその時代に大勢居た のだろうとも。

僕の曾祖父は会津の人間。明治政府に登庸された榎本武揚氏の 支援を受けて、横浜で南洋貿易の会社の支配人となった。 会津から横浜へ。妻子を置いて南洋貿易というとてつもない 夢を追っかけた明治の人間だ。

曾祖父は「青柳徳四郎」と言う。彼は、何度も南洋(今のグァム、 サイパン、パラオ方面)に出かけ、交易を重ねていたようだが、 不幸にも洋上で遭難し、明治の中頃、還らぬ人となった。 丹後の松本重太郎にはほど遠いが、祖祖父に明治人の気骨、几帳面、 そして進取の気風、建国の志と夢を感じてしまう。何よりも彼が クリスチャンであったことが興味深い。

僕は京都で龍馬会の人や薩摩、長州に関係する人ととも良く会うが、 「僕の曾祖父は榎本武揚の支援を受けた会津人間です」とは、 未だ、公表していない。皆さんの反応が気になる・・・・。

★関連書籍「青柳徳四郎交易日記」(編・著:矢野暢ほか)


(2)正月堂は何処に?!

奈良東大寺二月堂のお水取りは春を告げる行事として有名。 二月堂があるなら「正月堂」もきっとあるはず・・・・と、東大寺の 大伽藍を見渡すが、それらしきものがない。 京都府南部は奈良仏教と縁が深い。お水取りに使われる竹も 京都府南部京田辺の竹が使われてきた。 ならば・・・・京都南部にきっとヒントが。

あった!「正月堂」の文字が。 京都府相楽郡笠置町笠置山山頂の「笠置寺」に、正月堂が現存。 笠置寺がある笠置山は、古くから山そのものを御神体として考えられ、 信仰の対象とされてきた。http://www.kasagidera.com/

境内(有料)には、高さ15Mの岩に掘られた日本最大級の本尊弥勒磨崖仏 (みろくまがいぶつ)や、天衣をひるがえしてすわる虚空蔵磨崖仏 (こくぞうまがいぶつ)がそびえたち、その迫力に何度訪れても圧倒さる。 正月堂は本尊脇に静かに建っているが、風雪に耐えた歴史を建物全体に 刻んでいる。 南北朝時代の一時期、後醍醐天皇行在所があり、三種の神器もあったと 伝えられている。

この地に残る伝説がある。「コケコの森黄金伝説」。 後醍醐天皇が三種の神器とともに黄金のニワトリ像(鳳凰像とも言われて いるが・・)を大切に持っていたが、笠置山陥落時にどこかに埋めたと。 同種の伝説が京都府綴喜郡井手町にも残る。「有王」という地域。 後醍醐天皇が笠置陥落後、捕らわれて都へ送られる途中に立ち寄った とされる地域だが、ここの人々も「コケコの森」を今に伝えている。 京都南部は実にミステリアスだ。

笠置町のナビゲーションは下記へ。
http://www1.kcn.ne.jp/~kasagi/top/top1.htm

井手町のご案内は下記へ。
http://www.ide-marugoto.com/


(3)京都府立植物園もミステリーツァー!?

京都府立植物園「園長さんときまぐれ散歩」のご案内。 園長がとっておきの見どころをご案内!園内の見ごろの植物はもちろん、 隠れた名所(お宝)などもご案内。 ただし、きまぐれな園長のこと、どこをどのようにご案内するかは、 その日に歩きながら考えるらしい・・・ミステリーツアーという評判も。

■開催日   9月17日(日曜)   10月以降も開催予定。

■受付   当日、午後1時から植物園会館前。 (定員30名。当日先着受付順)
定員になり次第、或いは午後1時10分になり次第開始。

■所要時間   約45分間(予定)

■京都府立植物園情報は下記へ。
http://www.pref.kyoto.jp/plant/


(4)京都嵐山音楽祭2006が始まります!

2002年のプレより5年目の今年、 『京都嵐山音楽祭2006』を下記により開催します。 嵯峨・嵐山を今までと違った角度から発信することを考え、 景観と融合した多ジャンルの音楽会を複数会場で企画・実施し、 来訪者、そして地域住民に楽しんで頂けることを目指しています。

■日程) 2006年 9月22日(金)23日(祝・土)24日(日)

■会場) 中ノ島特設ステージ / 野宮神社 / 19世紀ホール
    京福嵐山駅 / 美空ひばり館 / 赤マンマ

★特別企画 チャリティー音楽会  大本山 天龍寺内 友雲庵

■主催) 京都嵐山音楽祭実行委員会

■後援) 京都府/京都市/(社)京都府観光連盟/(社)京都市観 光協会/おこしやす京都委員会/京都商工会議所/ 大本山 天龍寺/嵐山保勝会

■連絡先) 嵐山保勝会 075-861-0012(平日10時〜16時)
京都嵐山音楽祭実行委員会特設携帯電話  090-8145-6474

■H.P.)http://www.arashiyamaongakusai.info

◎内容企画案

★特別企画 大本山 天龍寺 友雲庵 チャリティー音楽会  ベトナム“ストリートチルドレン'の生活と教育に支援を!!

■9月23日(土) 17:30開場 18:00開演 20:00終演予定
有料 3500円 昨年同様“RACK'(アジアの友を支援する会)に協力
内容(出演者) アストロリコ(タンゴ 四重奏) ♪“音楽祭2006'全会場でアピール、募金箱によるチャリティーを実施。


★中ノ島特設ステージ 無料

■9月22日(金) HAWAIIAN NIGHT IN 嵐山

■23日(土) 嵯峨中・北嵯峨高吹奏楽部/大学生ビッグバンド/ 社会人バンド/民族音楽の夕べ
タンゴ・ガムラン・中国音楽・オーストラリア アポリジニー楽器演奏 ・日本(お話劇場/雅楽)

■24日(日) ジャズコンボ・ビッグバンド・永冨研二・塩次伸二(ブルース) アノインテッドマスクワイアー(総勢300人のゴスペル)


★野宮神社 無料

■9月22日(金)23日(土)24日(日) 13:00〜16:00
多田周子コンサート(22日)篠笛とピアノ(23日)
他、小規模アコースティックのクラシック・ジャズ等


★19世紀ホール 有料1500円   18:00 開場 18:30 開演 20:00 終演

■9月22日(金) 『クロスオーバー クラシック』 竹内・細川・向井

■23日(土) 上田治子(ヴァイオリン)植村照(ピアノ) DUO クラシック

■24日(日) 寺井豊・藤井貞泰Duo ジャズライブ


★京福嵐山駅はんなりほっこりスクエアー 無料

■9月23日(土)24日(日)
小規模アコースティック クラシック・ジャズ等
シャンソン・ゴスペル・手話メイト・タイム共同作業所バンド


★赤マンマ 有料(ワンドリンク付 1000円)

■9月22日(金)23日(土)24日(日)  18:00〜23:00(24日は17:00〜23:00)ジャズクラブ


★美空ひばり館 無料

■9月23日(祝・土)   午後 Little Jive Boys 藤井康一/恵福浩司/照本史


★『京都嵐山音楽祭2006』特別企画【チャリティー音楽会】

経済発展の続くベトナム、その陰で生きる “ストリートチルドレン' の生活と教育に支援を!! 京都嵐山音楽祭は『RACK』を通じて、 ホーチミン妙覚寺孤児院 そしてビンチュウ・ストリートチルドレン教育センターを応援します。

■日時 2006年 9月23日 土曜日  午後5時30分開場 / 6時開演 / 8時 終演予定

■会場 大本山 天龍寺内 友雲庵 お庭(雨天は書院内にて)

入場料金 3,500円(チャリティー寄付を含む)

出演者 アストロリコ四重奏 (タンゴ)

HP〈ASTRORICO〉 http://www.astrorico.com

内容 “アストロリコ'の演奏 ‘RACK'よりのアピール 〜展示有り〜 チャリティー寄付金の贈呈

入場(予定)人数 250〜300名 (パイプ椅子)

主催 京都嵐山音楽祭実行委員会

協力 大本山 天龍寺、ACK〜アジアの友を支援する〜 KAWAI楽器


(5)「京都天空まつり」「三条あかり景色」のお知らせ

●2006年9月16日(土)17日(日)18日(月・祝)/第2回「京都天空まつり」
http://www.npo-net.or.jp/earthdaykyoto/

そう言えば、京都三条ラジオカフェの太田航平さんは、今年度の「人間力 大賞」(日本青年会議所主催)を受賞しました。
[紹介記事 → http://radiocafe.jp/press/kiji/ota20060808.pdf ]

その太田航平さんが、京都事務局を務めて開催される環境系音楽イベント が「京都天空まつり」です。 京都市の北、鞍馬から更に奥に進んだ「花背(山村都市交流の森)」で 昨年からスタートした京都の新イベント。2泊3日のテント生活で楽し むのもすごいかもしれません。

●2006年9月16日(土)17日(日)18日(月・祝)/第3回「三条あかり景色」
http://www.do-kyoto.jp/machi/akari/akari/index.htm

今年で3回目の開催となる、これも京都の新イベント。三条通りをあか り景色で埋めようという、新感覚のお祭りです。

京都三条ラジオカフェでは、ラジオカフェ店舗の姉妹店である、京都文 化博物館・三条デッキのオープンカフェ「Social Design Cafe soboro」
( http://www.soboro.jp/ )にて、生放送を予定しています。

詳細は http://radiocafe.jp/ にて発表します。

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2006年