◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2006年


京都府南部ニュース 2006年

「新しいものを創造するアントレプレナーシップ溢れる若者の育成」を
11月6日。ズワイカニ漁が解禁されました
第37回PAT講座 オペラレクチャー「オペラ指揮者のひとりごと」

2006年11月7日配信

◎NHKラジオ全国放送「ふるさとあさいちリポート」

11月8日午前5時45分ONAIRは、 「京都の旬」の情報が一杯。リポートは、書家の清水菁花先生です。 京都大原在住の清水先生、全国の京都ファン待望の「秋の京都のお薦め情報」 を京都大原の空気とともにお届けします。 ラジオ第一放送でお楽しみください。


◎訃報:長岡天満宮コンサート主宰・矢本京子さん、安らかに・・・・

僕は、京都長岡天満宮コンサートのボランティアスタッフとして、 矢本さんと一緒に活動させていただいた。 出逢いは十数年前になるが、音楽を愛し、地域を愛し、本物を追求する姿勢 から多くを学んだ。

矢本さんからは、京都経済同友会や京都日米協会の場にもご案内いただき、 京都で活躍される方々をご紹介いただき今日の仕事やものの考え方など、 矢本さんを通じて得たことは大変大きい。

病に冒されながらも、コンサートの現場には必ず顔を出され、お客様が帰られる まで会場を離れることはなかった。 二十年以上継続しているコンサートは、今年京都府知事から 「新世紀かがやき交流賞」を受賞。 矢本さんから学ぶことはまだまだあっただろう。

しかし、今は「本当にお疲れ様でした。あとは、僕たちに任せて、空の上から、 コンサートをゆっくりと楽しんでください。」と言いたい。 感謝、そして、安らかに。矢本京子さんへ。 青柳良明


◎十二年前のライトアップ

永観堂、高台寺、清水寺、圓光寺。多分、高台寺のライトアップが魁だった と記憶。

永観堂のメープルリーフライトアップは十二年前の秋。 清水寺もそうだった。 現場で「こんなことが出来るんだなあ・・・」と驚き、感動。 その頃はとても静かな夜間特別拝観だった。人かげもまばら。

全部の現場に立ち会ったが、思い出深いのが圓光寺。 徳川家康ゆかりの禅寺。こじんまりとしているが、趣のある寺院。 高台寺のライティングも自然の光を大切にし、心に響くライティングであった。 ライティングデザインは内原智史さん。

今は、青蓮院のライトアップが代表的だが、僕は平等院で彼がデザインした ライトアップが好きだ。「観想随光」だったと思う。 彼は「空間を二倍に使えるんです」と熱く語っていた。 昼だけでなく、夜も活用できる。機能面でのライトアップは、 その域を超えたようだ。 東京でも六本木ヒルズなどで彼の作品を観た。十二年前の出逢いが、 今も光を放っている。

京都発のライトアップは内原さんの才能、それを受入れ始めてチャレンジされた 高台寺の英断によるもの。その光は、今、多くの人の心を照らしている。


(1)「新しいものを創造するアントレプレナーシップ溢れる若者の育成」を

ミッションに、地域の方々にも参画していただきながら、学校教育で 社会的課題を解決していく授業活動を支援する「アントレプレナーシップ開発 センター」は、地域の活性化に寄与することをめざして活動しています。
http://www.entreplanet.org/

その活動の1つとして、地域企業等と連携して商品の開発を行っている小〜 大学生が一堂に集まり、成果発表会「トレードフェア」を毎年秋に開催して います。
http://www.entreplanet.org/whats_new/tradefair2006/index.html

学生によるブース展示のほか、教育関係者を対象としたセミナーや、アント レプレナー教育をうけた卒業生の体験談等、企画盛りだくさんです。

☆未来を切り開くアントレプレナーたちを応援しに来てください!

『第6回バーチャル・カンパニートレードフェア2006京都〜 私たちが創る未来の仕事〜』

-------------------------------------------------------------

■日 時:11月19日(土) 9:30 〜17:00 

■場 所:私のしごと館 (京都府相楽郡精華町精華台)

■入場料:無料(セミナーは事前登録要)

■内 容:
1)地域と連携して課題解決に挑戦する若者達の実践紹介・ブース展示・ 発表(小学生〜大学生+香港チームも参加)
2)教育委員会や学校の実践紹介、支援企業や卒業生の感想も聞ける セミナー
3)学生&企業人との交流セッション
4)表彰式 
*英語部門の入賞者は来年香港での国際イベントに参加します。

■詳 細:http://www.entreplanet.org/whats_new/tradefair2006/program.html

■申込方法:セミナーのみ事前申込必要(HPより申込書ダウンロード可)

■主 催:トレードフェア実行委員会

■問合せ:アントレプレナーシップ開発センター 担当:藤井(ふじい)
TEL:075-315-9103 FAX:075-315-9134 


(2)11月6日。ズワイカニ漁が解禁されました。

焼きガニ、お刺身、カニすき・・今年もおいしいカニの季節がやって 参りました。 「舞鶴かに」が食べられる舞鶴市内の料理店、販売店等が載った 「かにマップ」が無料配布されています!

詳しくはコチラまで
舞鶴観光協会事務局(市役所産業振興室内:0773-66-1024)
http://www.city.maizuru.kyoto.jp/contents/7d6b010e1a24109/7d6b010e1a2410920.html


(3)第37回PAT講座 オペラレクチャー「オペラ指揮者のひとりごと」

あんな話、こんな話、聞きたかったコトを、ありのままに…

オペラファンなら、きっと大満足!? でも、ちょっと迷ってます…

■日時:2006年11月13日(月)14:00〜15:30 (受付13:3〜)

■場所:(株)二条丸八 3階サロン
京都府相楽郡木津町相楽台3丁目1-5  ハイタッチ・リサーチパーク内

■参加費:1,000円(お茶つき)

■申込方法:氏名・年齢・電話番号をお書きの上、FAXにて申込み

■定員:30名(先着順)

■申込先:FAX 0774-62-2367(木村)
※定員に達し、参加して頂けない方のみご連絡いたします。

■講師:牧村 邦彦氏

■経歴:大阪芸術大学演奏学科卒業後、ウィーン国立音楽大学指揮科において、 O・スゥィットナー氏のもとで学ぶ。91年から04年3月まで、 大阪シンフォニカー交響楽団指揮者として活躍し、その後全国各地 に活動の場を広げている。

■主催:NPO法人舞台芸術トレーニングセンター (TEL0774-98-3527)

■共催:208STUDIO MUSIC SALON(0774-73-1027) 

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2006年