◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2007年


京都府南部ニュース 2007年

京すずめ京都通認定対象講座・京すずめ学校「京都活物語」のご案内
日高 敏隆 氏(総合地球環境学研究所所長)の講演会ご案内
綺麗になる科学

2007年1月12日配信

ただいま「大丸京都店」にて、「京の味めぐり、技くらべ展」開催中!! 京都の隅々から選りすぐりの101店が一堂に会しました。 期間は1月16日まで。毎日午前10時から午後8時。最終日は午後5時。 7階催会場です。 地下鉄「四条駅」、阪急「烏丸駅」から地下道で直結。 「京都再発見!」の絶好のチャンスです。


☆新年前後の「感謝」短信☆さらっと読んでくださいね☆

●「感謝する」宣言。
お正月に、今年は「感謝する年にしたい」と言った。 何事も「自分にとって必然性があって起こったこと」。 と、受け止める努力をしたい。 が、やっぱりナカナカそういう訳にはいかないことも。 朝の挨拶出来ない、帰るときも「お先に失礼します」と言えない、 マナーがなってない、などなど、仕事や人間関係以前の話。 そういう人にも「感謝」で接するには、私はまだまだ人間が出来 てないなあ。


●「電話一本」のうれしさ。
同志というのは嬉しい。電話一本で通じ合える。話がわかる。 何年もご無沙汰していても、同志は同志。 電話で御願いごとをしても「わかった!」のひとこと。 こういう関係が津々浦々にあるというのは実に幸せなことだと思う。 やっぱり「感謝」だなあ。


●手書きのこだわり
年賀状は、手書きのイラストと文字をプリントゴッコで。 宛名は全て手書き。そして、裏面には必ず「ひとこと」添えて。 気持ちを込めて何かをやることは大変な努力がいる。 でも、気持ちを込めて、年に一度の年賀状は送りたい。 そういう手間をかけられることに「感謝」だなあ。


●忙しい人
ある偉大な経営者にお目にかかった。公務員が嫌いで有名。 何度も名刺交換させていただいているが、一向に覚えていただける 気配がない。尊敬している方だけに多少の寂しさはあるが、 忙しい方だから仕方ない。先日も名刺交換の間、どうもお顔が 芳しくない。私のあとに控えている人は多分旧知の人。 その人との名刺交換では笑顔満面。また悲しくなった。 別に、贔屓にしてほしいとは思わないが、「謙虚にして驕らず」 と、その方が仰っておられた言葉は、私自身の教訓として、 心しておきたいと思った。 そういう学びの機会を得たことに「感謝」だなあ。


●今年もこのニュースを
心を込めてお送りしたい。心を込めて、京都を発信したい。 心を込めてお伝えしたい。感謝とともに。 今年も、励みます。よろしくお付き合いください。合掌


(1)京すずめ京都通認定対象講座・京すずめ学校「京都活物語」のご案内

『京都の危機を教育から始めた番組小学校で何が行われたのか
立ち向かう楽観主義 〜竃金の精神と公教育の再生〜』

○日 時:平成19年1月21日(日)午後2時から

○会 場:京都市学校歴史博物館・講義室
京都市下京区御幸町通仏光寺下る 電話:075-344-1305
阪急「河原町」、京阪「四条」、京都市バス「河原町松原」各駅より 徒歩5分〜10分

○講 師:京都市教育委員会教育長 門川大作氏 
博物館の案内は、博物館主事が担当します)

○概 要
今、教育問題が社会の中で大きく注目されています。明治維新後に発生した 京都の地盤沈下を回復するため、まず教育分野で始めた「番組小学校」 の取組みから、現在の課題を探ります。 歴史ある元開智小学校、現在の京都市学校歴史博物館の講義室で京都市 教育委員会の門川大作教育長に過去・現在・未来の京都の教育について語っ て頂きます。 また、博物館主事のご案内で学校歴史博物館の見学も行うとともに、当日は 昭和の思い出と子どもたち〜新小学校教育制度60年と教科書〜』の展示を観 賞します。

○定 員:80名

○受講料:1000円(博物館の入館料含む)

○問合せ:遊悠舎京すずめ事務局
電話&FAX 075-343-2234

○主 催:NPO法人遊悠舎京すずめ(文化庁関西元気文化圏参加事業)


(2)日高 敏隆 氏(総合地球環境学研究所所長)の講演会ご案内

動物の行動をみていて気になること、それは動物達が自分のまわりの 世界をどのように認識しているのであろうかということである。 人間と同じようにこの世界をみているとは思えない。 しかも動物がちがえばちがうように見えるし、同じ種類の動物でも オスとメスではみているものもまるでちがうとしか思えない場合がある。 人間も人間以外の動物もそれぞれのイリュージョンによって世界を構築し、 その世界の中で子孫を残すために 争っている。自然と環境に適応しより強い子孫を残しえたものだけが 生き残る自然の摂理の中で、人間が心身ともに元気でいきていくためには 動物のもつ知覚の枠を超えて、何かを探って物事を考え、生み出し、 またそのことを楽しんでいくことであると思う。 それによって新しい世界が開け、新鮮な喜びがうまれてくるものだと思う。

日高先生はこのように動物の行動から見えてくるものについて、 私たちにより楽しくお話頂きます。 是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

○開催日時 : 平成19年1月17日(水) 13:30〜15:30

○会場 : 京都商工会議所 (京都市中京区烏丸通夷川上ル 地下鉄丸太町駅6番出口すぐ)

○対象 : 経営者・管理職・一般

○講師 : 日高 敏隆 氏(総合地球環境学研究所 所長)

○受講料 : 京都能率協会・京都商工会議所会員 2,000円、 一般 3,000円

○講師プロフィール 日高 敏隆 氏(総合地球環境学研究所 所長)
1952年東京大学理学部動物学科卒業 東京農工大学教授を経て、
1975年京都大学教授就任
1993年京都大学退官、1995年滋賀県立大学初代学長就任
現在総合地球環境学研究所 所長
著書『昆虫という世界』『チョウはなぜ飛ぶか』 『人間は遺伝子か環境か?遺伝子プログラム論』他多数 

○【お申込み・お問合せ】京都能率協会(京都商工会議所内) URL:http://www.kyo.or.jp/nouritsu/
TEL 075-212-6446 
FAX 075-222-2612
(1) FAXまたはHPからお申込み下さい。
(2) お申込と同時に下記口座のどちらかまでお振込下さい。
・京都銀行 本店 (普)No.208117 口座名:京都能率協会 小堀 脩(コボリオサム)
・郵便振替 No.00910-0-50979 口座名:京都能率協会 
※振込手数料はご負担頂きますようお願い致します。 開催日の1週間以内に受講証をFAX致します。 
※受講料は講座が中止になる以外ご返却できませんのでご了承願います。
(申込人数が少ない時は中止になる場合があります)


(3)綺麗になる科学

(財)大阪科学技術センターLSS(レディース・サイエンス・セッション) が開催されます

平成元年に設置されたLSS(レディース・サイエンス・セッション)は、 若い女性の方に科学に興味を持ってもらうために、 各界の第一線で活躍されている女性の方々に委員に就任いただき、 さまざまな企画、検討を行ってきました。 平成13年度からは、女性のみならずその対象を 一般の方々に広げて活動しています。

美味しく食べて綺麗になるって最高ですね。 その秘密は発酵。 ワインやチーズ、ヨーグルト、味噌、漬物などなど、 私たちの身の回りには綺麗と健康へのパスポートを持った 発酵食品が数多くあります。 シーザーやアントニーを虜にした クレオパトラの美しさの秘密は ワインだったのかも知れませんね。 今回は綺麗につながる発酵食品を科学します。

詳しくは下記まで。
http://www.ostec.or.jp/pop/lss/event/index.html

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2007年