◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2007年


京都府南部ニュース 2007年

「AT HOTEL」のパワー
井手町「椿坂」での休日
京丹波町にオープンする「アグリパークわち」が話題!
映画の都・京都がおくる「京都太秦シネマフェスティバル」

2007年2月26日配信


★戦火に消えた我が樺太よ「樺太関係資料館 京都移動展」★
来る3月2日(金)から5日(月)までの間、「京都アスニー」(京都市中京区 丸太町通り七本松西入る)において、上記移動展が関西で初めて開催されます。 (社)全国樺太連盟 近畿支部主催。

★同志社大学「プロジェクト科目」受講のススメ。
「量から質への『京都型ニューツーリズム』の開発と流通」が開講されます。 学部生先行受講登録の詳細は下記まで。お知り合いの方にオススメください。
http://www.doshisha.ac.jp/students/curriculum/pbl/


「AT HOTEL」のパワー

昨年、ご縁があって「AT HOTEL」という、ホテル関係者が集うSNSに 参加させていただいた。全国のホテル、コンベンション、ウェディング、 レストラン、観光、学校など実に多彩で「現場」を持つ人のネットワーク。 これから業界を目指す若い人から、経営、マネジメントの中枢の方々まで、 ネットワークで綴られる「会話」は、リアリティがあって勉強になる。

「次は何が求められているんだろう・・」と思い悩むときに、このSNSにテーマを 投げ込めば、プロや志のある人が「自分のこと」のように智慧を出して、アイディアをくれる。 僕も日記やコミュニティに参加し、「自分ならこう思う」ということを書き込む。 返事もリアルタイムでレスポンスが楽しい。

自分でコミュニティを開設することも出来る。このSNSでは「ラウンジ」と呼ぶ。 トピックを出すと、思いもかけない話題で盛り上がる。 「次のヒント」がキラリと光る。ベクトルが見えてくる。 現場を持つ人たちのエネルギーや智慧はすごい。


井手町「椿坂」での休日

「椿坂」という交流施設がある。京都府南部井手町。橘諸兄で知られる町。 「椿坂総力祭」が開催され、休日を楽しんだ。食あり、技あり、音楽あり。 僕は、食にこだわった。「甘酒」「コーヒー」「うどん」「やきそば」「ポップコーン」 半日でこれだけ食べれば「満足」「満腹」・・ところが「焼き芋」「アイスクリーム」 も目に付くや「衝動食い」が止まらない。

この「椿坂」界隈は、田園風景が魅力。京都南部を縦断する「山背古道」の 途中でもあり「ひとやすみ処」として人気がある。

「枝垂れ桜」が見事な「地蔵禅院」も近い。 井手町では来年度「ポータルサイト」が開設される。おそらく、全国的にも 珍しい「ブログ」を最大限活用した「井手町の魅力の発信」システムが 出来上がる。このブログ、僕も是非参加したい。

SNSやブログは、上手く使えば有効なツール。地域や関係者が想いを大切に するシステムを守り、発展させるためにも、「心を込めて、丁寧に」システム 構築を応援したい。 ここにも地域を愛する、志のある人たちがいる。


京丹波町にオープンする「アグリパークわち」が話題!

「丹波」と言えば「食」を連想する。京都府中部の京丹波町は「丹波」の本家! 全国に知られた丹波の里に、この春、体験型の農業公園「アグリパークわち」 が誕生する。貸し農園のスペースやオートキャンプ場、果樹園など、京都市や 阪神からも近く、「ここで農業やりたい!」と、話題になっている。 農業体験は新しい観光やライフスタイルとして注目されているが、 京都府内のど真ん中で、これだけの規模と内容を持つ施設は初めて。 丹波ブランドの本場として「本物志向」へのこだわりも強い。 開園が楽しみだ。

貸し農園は19年4月オープン。その他の施設は7月開園。園内には20区画の 貸し農園、季節野菜や山菜などの植え付け等が体験できる体験農園、栗や山椒など の果樹園、オートキャンプ場等の施設があり、開園を間近に迎え、貸し農園の契約者 の募集及びオートキャンプ場の宿泊利用者の予約の受付を行なう。お問い合わせは 下記まで。お早い目に。 

山、川、林などに囲まれた、豊かな農山村地域の景観を満喫できる公園で、農業体験 や自然体験、バードウォッチングや昆虫の観察、山林作業などの体験も楽しみだが、 こういう場所でボーっと過ごすのも良いと想う。

◆問い合わせ先
農林業体験公園運営委員会 TEL:0771-84-0011
京丹波町産業振興課 TEL:0771-82-3808
和知支所地域振興室 TEL:0771-84-2207

◆お申込み先
農林業体験公園運営委員会 TEL:0771-84-0011

●農園の特徴
総面積 約1.30ヘクタール
駐車場、シャワー、トイレ完備
オートキャンプ場有り(10区画)
農具、給水設備の使用無料(トラクター等の農業用機械は除く)
農作物栽培に関する相談員を配備

●利用料金 〈農園使用料〉
貸し農園1区画(25平方メートル)(8ヶ月間) 10,000円
体験農園、果樹園 実費 (消費税を含む。)


映画の都・京都がおくる「京都太秦シネマフェスティバル」開催のご案内

映画のまち「京都・太秦」から、エンタテイメントとしての映画の魅力を、 盛りだくさんにして府内外に発信します。 映画ファンのみならず、誰もが楽しめる催しがいっぱい。
「撮影所ってどんなところ?」「映画ってどやって作るの?」
「あの映画の面白さって実は・・・」などなど。
「うずまさ・太秦」は、まち全体が映画のテーマパーク。
お待ちしています!

◆開催日:平成19年3月15日(木)〜21日(水・祝)

◆場 所:大映通り商店街・撮影所・映画村を中心とした太秦地区
(京都市右京区)京都文化博物館(京都市中京区)

◇主な内容 
●京都うずまさ撮影所探訪
●映画づくりフォーラム:太秦映画の伝統と未来 「特撮映画の今昔」、「京都の時代劇映画」 ●太秦戦国祭り 
●歩いて楽しむ昭和シネマの街 など。
●詳 細 http://cinema-uzumasa.com/


☆「太秦シネマフェスティバル関連事業」☆

「ロケスポットを活用した地域活性化研究会」が3月19日(月)午後に ロケスポットで有名な「重要文化財京都府庁旧館」で開催されます。 京都府内市町村の観光・地域活性化・情報発信・魅力づくりなどに 関係されている方(観光団体関係者、役場関係者、関連団体関係者、 まちづくり関係の方など)などで、ご興味のある方は、下記までご連絡 ください。(既にご案内が送られている方は連絡ご不要です。)

主催:京都府観光・コンベンション室

内容:予定
(1)「映像撮影者から見た地域」NHKきんきメディアプランプロデューサー
(2)「フィルムコミッション設立と運営のコツ」京都府舞鶴市関係者
(3)「映像と地域の関係未来づくり」観光・映像・地域関係者とのディスカッション

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2007年