◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2007年


京都府南部ニュース 2007年

他力の頼もしさ
「京すずめ学校・京都火(灯)物語」第1回講座の案内
第9回DONと来い/丹波八坂公演
京都ブランド推進連絡協議会のホームページを開設いたしました
「宮津ファンクラブ」

2007年4月16日配信

(1)他力の頼もしさ

小さな勉強会をスタートさせて、9年になる。南部ニュース発行の1年前。 4月3日に、久々の勉強会を開いたところ、50名近い参加者があった。 私の東京勤務でブランクがあり、ほぼ三年ぶりの再開。 こんなに多くの人が待ち望んでいたのかと思うと、世話役として責任を 強く感じる。

参加者の業種はとても幅広い。大学教授、マスコミ、企業経営者、NPO、 シンクタンク、研究者、芸術家、学生、会社員、公務員など。 京都や関西、東京からも駆けつけてくれた人の熱意と志には頭が下がる。 「何かやれるんじゃないか」そう思い、行動したい人だけが集う。 9年の間に、言葉だけ、カタチだけの参加者は徐々に姿を消した。 そうなると本物の人だけの凄い集いが続く。

この勉強会で出逢った人たち同志、様々なプロジェクトが誕生し、 京都や関西、首都圏で新しい価値を生み出してきた。 困ったとき、この勉強会に投げ込めば、あっという間にコラボレーション が出来る。他力の頼もしさを感じる。

僕は「場」を創る。寄せ鍋の「奉行」のようなものだ。材料を持ち込む大勢 の人に段取りを説明し、鍋が出来上がるのを楽しむ。 「京都産学地域経営勉強会」という鍋。ブランクを経て、味わい深くなった。


(2)京すずめ京都通認定対象講座「京すずめ学校・京都火(灯)物語」第1回講座の案内
「蝋燭の文化史〜江戸時代から変わらぬ製法でつくる和蝋燭〜」
(文化庁・関西元気文化圏参加事業)

春本番の今日この頃となりました。4月から京都火(灯)物語が始まります。 その第1回目の講座として、伝統的な和蝋燭や提灯から、鞍馬の火祭にまつわる 話までを取り上げる予定ですので、楽しみになさってください。

○日時 平成19年4月22日(日) 午後1時〜3時30分

○講師 丹治蓮生堂・店主 丹治潔氏

○集合場所 午後1時 京都駅総合バス案内所

○スケジュール 
・午後1時から2時 
丹治蓮生堂の工房と店舗見学(烏丸七条西入る) 
→ 実際に作業を拝見させていただきます。なお、工房と店舗は短時間の見学 となりますが、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。 
・午後2時20分から3時30分
丹治潔氏の講演(於:西本願寺・聞法会館(堀川七条上る))
→ 講演会場へは工房から徒歩10分(役員が誘導させていただきます。)

○定員  先着 50名
(準備の都合上、できるだけ事前にお申し込みください。なお、定員に達した時 点で締め切らせて頂きます。)

○受講料 京すずめ倶楽部会員・学生 1000円、一般 1500円

○連絡先 前日までは事務局(075-343-2234)。当日は中村(090‐6377-0716)
(なお、見学場所と事務所は近くです)

○問合せ 遊悠舎京すずめ  電話&FAX 075-343-2234

○最後に 
次々回講座は5月19日(土)に「行灯・提灯から電灯」として、高橋提灯(株) の工房見学と高橋康二社長の講演を行います。この講座については、 定員が25名と少なくなっていますので、早めにご予約ください。
(定員に達した時点で締め切らせていただきます。)


(3)第9回DONと来い/丹波八坂公演

京丹波町の丹波地域には、古くから伝承されている太鼓があり、 現在「丹波八坂太鼓」として伝えられています。 時代とともに打ち手も代わり、その響きを今も伝え継承と保存をしています。 また、会独自の新しい曲等も創作し古き曲との調和をはかり、伝統のよさを 更に引き出せるように、太鼓芸能文化としての確立を目指しています。

今年で保存会結成36周年となり、こうした活動の中で、次代への文化の継承と 太鼓を通じての地域活性化や青少年育成をはかることで、町の文化を町内外に 示していくことを目的に第9回の自主公演を開催されます。

■内容 丹波八坂の公演を90分間にわたり、廃校となった文化財的な建物 (校舎)である旧須知小学校講堂を使用して開催予定。 町内外を問わず、誰でもが鑑賞することができる。 また、町内の民族芸能文化団体をゲストとして招き披露をする予定。

■主催 丹波八坂太鼓保存会

■開催月日 平成19年6月24日(日)
時間 午後1時開場 午後1時30分開演

■場所 旧須知小学校講堂(京丹波町須知)


(4)京都ブランド推進連絡協議会のホームページを開設いたしました。

http://www.kyo.or.jp/brand/

京都府域における京都ブランド推進や都市格向上に向けた 取り組み情報を発信してまいります。 京都ブランドに関する各種事業の開催案内やお知らせ、 プレスリリース情報などの掲載、メールマガジンの発行を予定。 皆様からのイベント情報のご提供等、ご協力くださいますよう よろしくお願い致します。


(5)「宮津ファンクラブ」

ブログページをご覧ください。宮津に関わる思い出、印象、助言など お寄せください。
⇒ブログ:http://miyazu-clb.wablog.com/

(ご投稿、お問合せはこちらまで。)
木村隆之
シーデザイン株式会社 〈C-design Corporation〉
〒600-8411 京都市下京区四条烏丸下ル
cocon烏丸4Fシティラボ
http://www.c-design.jp

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2007年