◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  京都南部ニュース >  2007年


京都府南部ニュース 2007年

青柳講師の「同志社大学プロジェクト科目」スタートしました。
【風と雲の市 in 童仙房】へ行ってみよう!
第16回 あわさいコンサート in けいはんな 

2007年4月23日配信

(1)「他力を知り、他力を信じ、他力とともに創る」
青柳講師の「同志社大学プロジェクト科目」スタートしました。

登録学生16名、聴講大学院生1名、聴講学部生1名、いずれも 「観光や旅」が大好きな若者たち。 先週の土曜日は東山「高台寺」にて、後藤典生師(圓徳院ご住職)の講話を お聞きした。学生たちは真剣。そして、後藤師から「京都の観光は量から質へ」 という熱いメッセージに頷いていた。 その場には観光、旅行、メディアのプロも同席し、このプロジェクト科目を 暖かくサポートいただいた。後藤師をはじめ皆さんには感謝申上げたい。

僕は、このプロジェクト科目「量から質へ・京都型ニューツーリズムの開発と 流通」という科目を一年間、担当する。 6月からは学生たちの企画に基づく「フィールドワーク」に入る。 「本物」の観光や旅、そして魅力ある地域づくり。学生たちとともに創る「京都 の新しいツーリズム」に夢がふくらんでいく。 学生たちは将来、旅行関係、観光関係、新しいビジネスや公務員などいろいろな 道を歩むだろう。 このプロジェクトで僕が指導できることはあまりない。だけど、これだけはしっかりと 学生たちに身につけてほしいことがある。それは「他力を知って、他力を信じて、 他力とともに創る」ということだ。

他力が集う「場」をセットすることや、コーディネイトすることで、素晴らしい智慧や 力が生まれる。そんなダイナミックな人と人との出逢いを、このプロジェクト 科目を通して経験してほしいと思う。 そのことが一生の宝となることを僕は信じている。 ガンバレ若者たち!(青柳もガンバリます!)


(2)京都の軽井沢「南山城村・童仙房高原」からの挑戦
【風と雲の市 in 童仙房】へ行ってみよう!

標高500メートルの童仙房高原。京都府相楽郡南山城村には、 軽井沢より面白い地域がある。 僕がこの地域の人たちと交流を初めて10年以上たつ。 いつも、他の地域からの交流を心から歓迎してくれる。 ホスピタリティにあふれ、自然に恵まれた地域である。

明治以降の入植により開拓された地域だが、今では宇治茶の主産地 のひとつとして有名である。高原の気候を利用したトマト、椎茸も有名。 小規模だが、合鴨農法による米作、ハーブなども育つ。 童仙房に隣接して明治以前からの歴史を誇る「野殿」という地域もあり、 「野殿童仙房」とも呼ぶ。

最近、この地域から新しいプロジェクトが芽生えつつある。 京都大学が廃校となった小学校を生涯学習の拠点とする取組みを「京都大と 地域との交流協定」により、進めているというもの。 行政が中心ではなく、文字通り「地域と京大」がスクラムを組み、 大学の教員と学生が何度もフィールドワークや地域との話し合いを重ね、 廃校となった小学校が新しい役割を得て蘇りつつある。

話はそれだけではない。 京大では、もう少し広域的にこの地域の持つ資源を活用し、 地域全体を博物館に見立てる「フィールドミュージアム」構想を計画している。 周辺の笠置町、和束町のエリアも含めて、歴史、文化、環境などの資源を あるがままに活かし、エコツーリズムなどを進めていこうというものだ。 そのツーリズムの拠点としても廃校となった小学校は重要だ。

平成7年に「木津川フィールドミュージアム」が、この地域の広域連携プロジェクト として立ち上がり、つい最近まで活動していたが、合併など地域の状況が 変化する中で休止状態となった。 今回、「木津川フィールドミュージアム」が、京大、地域の新しい枠組みとテーマに より再構築される。 合併とは違う「地域の魅力の向上」が、相楽郡東部の三町村で、地域と大学の 連携によってチャレンジが行われることとなった。心から応援したい。

さて、進取の気質や歴史を持った童仙房で、来る4月29日、 【風と雲の市 in 童仙房】が開催される。 交流・開放型のフリーマーケット・・・とも言うべき事業。 「どんな地域なんだろう?」・・そうだ、行ってみる価値はあるだろう。 京都にはこんな素晴らしいところがあるということを、是非知ってほしい。


【風と雲の市 in 童仙房】
きたる4月29日(日)、童仙房の地で「風と雲の市」を開きます。

地元の方は、野殿や童仙房で採れた新鮮な野菜・しいたけ・お茶など何でも、 どなたでも自由に出品することができます。 外からの人も大歓迎です。ウォーキングやハイキングのかたわら、寄り道して 「ひやかして」下さい。

新鮮な野菜を買うもよし、家庭の日用品や都会のめずらしい品を売るもよし、 そして地元の特産品と交換するのもよいでしょう。 自分たちにとっては不必要なものでも「欲しい!」と思っている人はきっといるはずです。

出店はどなたでもできます。出店料は売上の5%で、後で申告してもらいます。 出店予約は不要です。出店時間は開催時間内ならいつでもできます。 商品は、公序良俗・法令に違反しないものであればなんでも結構です。 食べ物は問い合わせてください。

また、出店とは別に、本・おもちゃ・服など、物々交換のコーナーもあります。 交換してもいい物がありましたら、何点でもご持参ください。

●日時:4月29日(日)午前10:00〜午後3:00

●場所:旧野殿童仙房小学校前広場

●主催:野殿童仙房生涯学習推進委員会

〜ご来場くださる方へ〜
※当日は、地元では田植えがあちこちで行なわれると思います。 農作業の邪魔にならないよう、田畑へ立ち入ることと、田の周囲に駐車することは ご遠慮ください。 駐車は、イベント会場にお願いします。
※食べ物も販売しますが、会場付近には食堂や売店がありませんので、ご注意ください。

なお、会場への案内などは、Webをご覧下さい。
http://souraku.net/manabi/
お問い合せ
野殿童仙房生涯学習推進委員会 内藤浩哉 0743-93-0664


(3)懐かしのGSサウンドと「薬膳」パーティー
第16回 あわさいコンサート in けいはんな 

●開催日時: 平成19年4月27日(金)

●演  奏 18:00〜19:00 料金: 5,000円
  パーティー 19:00〜20:30  【 薬膳料理&フリードリンク 】

●会 場: 薬膳レストランあわさい

●出 演: ムーンドッグズ(ロックバンド)

●定 員: 60名様(申し込み先着順)

●申込先: 薬膳レストランあわさい

●京都府相楽郡木津町兜台6-6-4
TEL 0774-73-1175   FAX 0774-73-0673
ホームページ http://www.awasai.com

●主 催:NPO法人けいはんな薬膳研究所  薬膳レストランあわさい

●後 援:京田辺・精華・木津学研都市行政連絡会

*終演後、近鉄・高の原駅、JR祝園駅までマイクロバスでお送します。
(ご希望の方は、お申込の時にその旨ご記載ください)

次へ




   

目次へもどる




相楽ねっと    2007年