◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  地域ニュース >  全国


地域ニュース

全国の地域ニュース(2003/1/8-)

バックナンバー

新聞社等のサイトに掲載された情報をもとに、モモがコメントをつけています。
このコーナーは、ニュースそのものを伝えることを目的とはしていません。
もとのニュースは、各新聞社のサイトを参照してください。

2003/1/27(月)

原発

北國新聞によると、福井県敦賀市の高速増殖炉原型炉もんじゅ設置許可を国が出したのは無効福井県敦賀市の高速増殖炉原型炉もんじゅ設置許可を国が出したのは無効という驚くべき判決が出た。原発をめぐって設置許可の無効や取り消し、建設や運転の差し止めを求めた訴訟で、住民勝訴は初めて。安全審査に重大な誤りがあるとのこと。国は予想しなかった事態に、大あわて。電力会社でさえ、原発脱却を考えているのに、なぜ国は原発にしがみつくのか? 大地震で爆発したら、国が滅びるではないか。被爆国として、脱核兵器のリーダーシップをとっていくべき立場なのに、国内にボコボコと原発を作っていたんではブラックユーモアにもならない。原発って、廃炉後も、莫大なお金をかけつつ、子孫ひ孫の時代まで運転していかないと、放射能のおもりができないんだってね。私たちの一時期の贅沢のつけを、子や孫にまわす。放蕩オヤジが、遊びほうけた多額の借金の責任を、子や孫におしつける。子や孫は、取り立ての暴力におびえつつ、借金を返していく。取り立て屋たちは、時として暴れて子や孫の命を奪う。

2003/1/21(火)

成人式

西日本新聞によると、大分県姫島村(国東半島沖の離島)で行われた成人式に着物姿で来場した女性が出席を拒まれたというできごとが先日あったばかりだが、同村のWebに抗議が殺到しているとのこと。書き込み欄「夜なべ談議室」に村の対応を批判するメールが押し寄せ、私が確認したときにはすでに閉鎖されていた。村長は「多くの村民が望んでいる以上、(成人式は)今の形を守りたい。あくまでも村の問題で、外の人の声には反応できない」とか。うーん、理解しかねるなぁ。姫島村は鎖国しているのか? 観光はWelcomeのようだが。「着物を用意できない家庭もあり、1969年から着物での出席を禁じている」というのが、着物拒否の理由だそうだが、そんなら、スーツを用意できない家庭があるなら、スーツも禁止するのだろうか? わかった。みんな、すっぱっぱで行けばいいんだ!

2003/1/13(月)

成人式

高知新聞によると、13日の成人の日、高知市で着ぐるみ姿の新成人が参加できない事態があった。高知県というと、一昨年、橋本知事に「でていけ」ヤジ騒動があったが、今年は綱紀粛正をはかったらしい。毎年ユニークな姿で参加する新成人が多い中、今年は服装規制が実施された。規制しようという背景や趣旨もよくわかるし、大人の式典だからという意見もよくわかる。でも、受けねらいのノリは、個人的に好きなんだけどなぁ。私は成人式には出なかったなぁ。20歳って、とくに実感はなかったなぁ。いまも式典は好きではないなぁ。もしかして、私は子どもなのかな?

2003/1/8(水)

がんばらない宣言

岩手日報によると、岩手県が制作した「がんばらない宣言」の新聞広告が人気である。経済効率重視の価値観を転換しようと掲げたキャッチフレーズとか。主に県外から「岩手に行きたくなった」などと賛同の声が寄せられているが、県議会では「どういう趣旨か」「がんばっている人にがんばるなというのか」などと執行部に対する質問が相次いだという。たしかに、「がんばる」という言葉だけではわかりにくいが、「つねにがんばっていないと不安になる。そんなの変だぜ、現代人諸君」というコピーをそのまま見れば、納得できる。がんばることを否定しているのではなくて、目標もなく右肩上がりを指向するライフスタイルを見直そうという話だから、まことにもっともと思える。
「あんた、なんで走ってんの?」
「わからんけど止まられへんのや」
「なんで止まられへんの? ただ足を止めたらいいだけやんか」
「足を止めたら、おいていかれそうや」
「だれに?」
「みんなに」
「みんなって誰と誰? おいていかれたらまずいことあるの?」
「でもみんな走ってるやんか」
「走ってて何か得した? 失ったものはようけあるみたいやけど」
「ただ疲れただけかもな」
「ちょっと休んでみ。ほら、こんなに野に咲く花がきれいやで」
「あーしんど」
「走りたくなったらまた走ったらええやんか」
「それもそうやな。なんでいままで気がつかへんかったんやろ」
「ぼちぼちいきなはれ」
「ほーい」

バックナンバー



相楽ねっと    地域ニュース