◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  南山城村 >  茶どころ >   >  2000年 茶摘みボランティア


南山城村/2000茶摘みボランティア

3月27日 茶畑の様子

刈り込み

今年の春は、寒い。
3月、だいぶ気温が低かった。
3月末にも、雪が積もったほど。
お茶の成長は遅れ気味だろうか?

3月27日は、ぽかぽかと、春うららかなあたたかい1日だった。
茶農家の木野さんは、茶刈り機で、茶の木の刈り込みをしていた。
5月に新芽が出るのだが、なにしろ、自然相手、人間の作業に合わせて成長してくれるわけではない。
もし、一時期に集中して、いっぺんに新芽がのびたら、収穫が間に合わない。
茶の新芽は、1日ごとに、ぐんぐん大きくなる。
ちょうど刈りごろというのは、1日の勝負なのだ。

人間が自然を思うようにコントロールするのはむずかしいことだが、新芽の出る前に時期をずらしながら刈り込んでやることで、ある程度は新芽の出る時期を調節することができる。

新芽

「今年は、新芽の出るのが、うんと遅れそうですね」と、私。
「いや、そうでもないやろ。桜のつぼみがふくらんでるで」と、木野さん。

よく見ると、刈り込んだ茶の木の間から、新芽の元?が、顔をのぞかしている。



2000年3月21日 モモ
畑

次へ




相楽ねっと    2000年 茶摘みボランティア