◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  南山城村 >  茶どころ >   >  2000年 茶摘みボランティア


南山城村/2000茶摘みボランティア

5月11日 茶摘み−その1 畑−

新芽

5月11日、茶摘みに参加した。
ほんとうは茶摘みボランティアの皆様とともに作業するはずだったけど、今年は3〜4月にかけて、気温の低い日が続き、新芽の成長が遅れ、摘めるのが連休明けとなってしまった。
日程が7日→13日→11日と、二転三転。
寒いからと、日程を延ばしたら、そのとたん、暑くなった。
で、けっきょく、11日にしたのは大正解。
こんなふうに、きれいに新芽がでそろった。


茶摘み風景

木野さんの親戚、村内の人たちを中心に、けっこうおおぜい集まった。
ボランティアが中止となって、どうなるんだろうと心配したが。
木野さん、8日にたくさん摘めたので、11日は半日で終われそうと。
茶摘みボランティアに立候補した中で、平日にもかかわらず、名古屋から2人、精華町から1人、来てくれた。
私たちは、月ヶ瀬口駅で待ち合わせ。
8時にはじまった作業、私たちは、9時ごろ、合流。


茶摘み風景

小さなザルを左手に、摘んだ芽を入れていく。
暑くもなく、寒くもない。
ちょうどいい気候。
昼から雨、との予報だが、降りそうもない。
10時に休憩。お茶とお菓子。
作業はしんどいものではない。
けっこう、みんな、おしゃべりしながら楽しんで茶摘み。


一芯二葉

本日の摘み方は一芯二葉。
つまり、いちばん先の芯(これから開こうとしている芽)、その下のやわらかい2枚の葉の下、そう、先から5センチぐらいのところで、ポキッと折る。
ツメでぐりぐりやってはダメ。
切り口が赤くなるから。


集める

11時過ぎ、だいたい予定の量に達した。
予定の量とは、揉むための機械にかける1回分である。
多すぎても、少なくてもいけない。
摘みこさんたちは、これにて終了。
私たちは、午後から工場を見学することにした。


2000年5月11日 モモ

茶摘み −その2 工場−




相楽ねっと    2000年 茶摘みボランティア