◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  南山城村 >  茶どころ >   >  2001年茶摘みアルバイト


南山城村/2001茶摘みアルバイ

第54回関西茶品評会(2001年)

第54回関西茶品評会  2年連続の栄誉!産地賞を獲得しました!

 8月7日から9日の3日間、兵庫県丹波農協丹波広域農業研修センターで開催された審査会で、昨年に引き続き産地賞(優勝旗)の受賞が決定しました。

 茶農家の皆さんが四季を通じて丹念に育てられた南山城村の煎茶。今年もその旨み・香りに高い評価を得ることができました。

 今年で54回目を迎えた歴史と伝統のある関西茶品評会「普通煎茶の部」には、全体で394点が出品されました。

 南山城村からは18点の出品で、1等の4点をはじめ全部で10点もの村の煎茶が入賞し、優勝旗(産地賞)が南山城村に授与されることになりました。

 産地賞は、昨年京都で開催された品評会に引き続き、2年連続の受賞です。これは南山城村煎茶の安定した高い品質と、そしてなにより出品農家の皆さんの意欲の高さを示すものです。

 今年は春先に雨が少なく、気温が不安定で、茶の生産には極めて厳しい条件だったのですが、生産者をはじめ関係者のご協力が、多数の出品と受賞というすばらしい結果をもたらしました。特に出品に際しては、”つみこさん”として村内外からたくさんの皆さまにご協力をいただき本当にありがとうございました。

 なお、入賞者に対する褒賞授与式は、10月24日に兵庫県篠山市たんば田園交響ホールで開催される関西茶業振興大会において行われます。

関西茶品評会ってなに?

 関西地域で生産される茶の特質を明らかにし、生産技術の改善と品質の向上を図り、もって茶の消費増進に資し、関西地域並びに日本茶業の進展に寄与することを開催趣旨として毎年開催されている品評会です。昭和22年に京都で第1回が開催され今年で54回目。京都府をはじめとする1府7県(岐阜、愛知、三重、滋賀、兵庫、奈良、高知)の茶生産者が参加しています。


審査はだれがしたの?

 独立行政法人農業技術研究機構 野菜茶業研究所 茶業研究官を審査長として各府県から選任された総勢26名の審査員により、審査規程により外観30点、香気70点、水色30点、滋味70点の合計200点満点で審査員の官能審査が行われました。


優勝旗(産地賞)って?

 市町村ごとの上位3位の審査成績得点の最高点を得た市町村に授与されるもので、いわゆる団体優勝旗のことです。

(「広報みなみやましろ」No.209 より)





1等3席など1等に4点、2等に4点、3等に2点の入賞で、2年連続の産地賞を獲得することができました。
南山城村からの出品茶の順位は、次のとおりです。
普通煎茶の部 全出品点数 394点。

 
南山城村入賞1等4点(順位3.8.9.20)
2等4点(順位21.24.30.36)
3等2点(順位89.91)
計10点

褒章授与式は平成13年10月24日、兵庫県篠山市たんば田園交響ホールで行われます。

もどる




相楽ねっと    2001年茶摘みアルバイト