◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  南山城村 >  茶どころ >   >  2002年茶摘みアルバイト


南山城村/2002茶摘みアルバイト

茶摘みのレポート

5月5日、童仙房内で茶摘みの手伝いに行ってきました。わが家からはすぐ近くです。朝、濃い霧がかかっていました。

農家の親戚や知り合いをはじめ、70人ほど来ていました。相楽ねっとを見て参加してくださった方もいます。この日は、70人ほどの摘み娘(男も含む)でした。

午前8時に、朝霞の中を畑へ登っていきます。霧は、9時ごろまで立ちこめていました。

霧の茶畑 霧の中で茶摘みが始まる

そのうち、しだいに霧が晴れてきて、天気も良くなってきました。

霧が晴れてきた ていねいに・・・

摘み方の基本は、「一芯二葉」です。でも、二葉目が大きいときは、一芯一葉で摘みます。手摘みは、正確に摘まないと、値打ちがありません。摘んだ芽は、ときどき集めて、蒸れないよう、広げておきます。

一芯二葉 蒸れないように広げる

昼からは、寒れいしゃの下で摘みました。渋みが出ないよう、日光をさえぎるのが、寒れいしゃです。

1本ずつ、根気よく 右手前が、ナナ

みなさま、お疲れ様でした。せっかくお手伝いさせて頂いた畑、品評会で一等一席をとれるといいなぁ。

by モモ



今回私たちがお手伝いした茶畑までは家から車で3分くらい、歩いたら15分くらいの近所でした。

当日は8時集合だったのですが、あいにく朝霞がかかっていて少しだけど雨もぱらつくかんじでした。このまま雨が続いたらどうなるのかな・・と思っていたらすぐに雨も止み、次第にお日様も姿を見せるようになって、しばらくすると暑いくらい気温が上がってきました。

摘み子さんはお茶農家の親戚の方やその知人、近所の人など総勢約70人近く集まったようです。年代的には50〜60歳代の農家のおばちゃん(ほんわか世代)が多かったように思います。

その中で私は一人だけ場違いのような格好で?参加してきました。子ども(1歳7カ月)をモモと交代であやしながらの作業だったので、集中して作業することができませんでしたが、普段はめったに触れない茶葉を摘み取っていく作業は嬉しくもあり、他の摘み子さんたちと(少しだけど)交流もできて楽しかったです。

我が家はモモが午後から他の茶農家にお手伝いしにいくことになっていたので、残念ながら午前中だけのお手伝いでしたが、他の摘み子さんたちは夕方まで、あの暑い中、作業していたみたいです。

by ナナ

次へ




相楽ねっと    2002年茶摘みアルバイト