◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  南山城村 >  茶どころ >   >  紹介


南山城村/茶どころ

お茶について

村の重要な産業のひとつであるお茶のことを、紹介します。
まず、お茶にはこんなに種類がたくさんあることを知ってほしいです。
緑茶、ウーロン茶、紅茶が、じつは製法のちがいだけだったなんて、ご存じでした?
南山城村では、おもに、煎茶と番茶が作られています。

[CONTENTS]   お茶の製造工程 /  品評会
不発酵茶
(緑茶)
蒸し製
(日本式)
煎茶
お茶と言えば、煎茶。新芽を加工し、カフェインを含む。上級品はさわやかな渋みがある。
番茶
新芽を刈ったあとに残った、大きく固めの葉を加工する。製法は煎茶と同じ。カフェインはあまり含まず、食事の時に飲む。
ほうじ茶
番茶や煎茶を強火で炒ったもの。香ばしいかおりがする。食事の時、最も一般的に飲まれる。
玄米茶
番茶や煎茶に高圧で炒った米などを混ぜたもの。風味が豊か。
玉露
寒冷紗(かんれいしゃ)などで茶の木を覆い、直射日光を当てずに育てる。タンニンを生じないため、渋みがおさえられ、うまみを増した高級茶。
抹茶(碾茶-てんちゃ-)
玉露と同じように直射日光を避けて育て、蒸した後、葉脈を取り除いて乾燥させたものを石臼でひき、粉にする。茶道で用いられる。
蒸し製玉緑茶(ぐり茶)
製造の最終工程が煎茶と異なっているために、丸い形をしている。さっぱりした味が特徴。
釜炒り製
(中国式)
釜炒り製玉緑茶
鉄製の釜で茶葉を炒って仕上げる。丸い形をしていて、炒った香りが特徴。
半発酵茶 ウーロン茶
すっかりおなじみの薫り高いお茶。台湾、福建、江西が主な産地。
発酵茶 紅茶
じつは日本のお茶と同じ茶の木から作られている。昔、インドでおいしいお茶を飲んだヨーロッパの人が、船に積んでお茶を本国へ持って帰ったところ、とちゅうで腐って(発酵して)しまった。もったいないので飲んでみると、あまりにうまかったので、茶を発酵させて飲むようになったとか。

ひとつ上へ




相楽ねっと