◆NAVI→   相楽ねっと   新着   サイトマップ   総合リンク集   ナチュプリ本舗
◆今はここ→   相楽好きやわ〜 >  もっとおでかけ >  和歌山県 >  白浜


相楽好きやわ〜/もっとおでかけ/和歌山県

子連れ南紀白浜旅行記−2−(by ナナ)

アドベンチャーワールドの入り口
少々くらい面持ち

 とりあえず、1泊目のホテル代くらいならあるし、アドベンチャーワールドのチケットも幸いに忘れず持ってきていたので、1泊だけして次の日帰ろうか・・という考えが頭をよぎるが、帰りの高速代とガソリン代もぎりぎりか足りないかもしれない・・。それに、せっかくここまで来たのだし、何が何としてもお金を調達できないか、必死に考えるモモ。あんまり頼りたくないけれど、こういう非常事態にはしょうがない・・、消費者金融でお金を借りようか・・と近くの店を探して入ってみる。

 自分の不注意がきっかけで、モモにローンを組ませるなんて・・考えただけでも身が縮みっぱなしの私。うーん、こんなんなら、『もう帰ろうよ〜』と何回思ったことか・・(泣)。途中、審査の時間がかかるとかで、モモが車に戻ってくる。私は、「やっぱり(お金を借りるのを)やめよう・・」と言った。仕方がない、旅行は一泊だけにして、明日帰ろう・・・。

 もう辺りはすっかり暗くなった頃、やっとホテルに到着。夕飯を食べて、歩いて浜辺まで行ってみる。もう海がみられるチャンスもないかもしれないしね。グッスン(;.;)。夏休みが終わってすぐだったこともあってか人も思ったよりまばら。暗くて人気がない海辺でも、ゴン太ははじめての海に大喜び。こんなギリギリ境地の親としてはちょっとぱかし救われる。

 明日は待ちに待ったアドベンチャーワールド!!のはずだが、気分は重い。夜になってもいろんな方法を考え、、ひょっとして「ぱるる」でモモの実家から2泊目の民宿先までお金を送金してもらえないか、という案を思いつく。あいにくというか、この日は金曜日、送金してもらうとしても明日は土曜。ぱるる送金は可能なのか、民宿でも郵便局の口座を持っているだろうか、一か八か、明日確認してみることに決めた。

 いよいよ次の日。朝食後早々にホテルをチェックアウトし、郵便局が開始するであろう時間を待って、問い合わせの電話。わが家はあいにく携帯電話は持っていない。お金も時間もないのに、公衆電話探し、テレフォンカードを売っているところ探しも加わり、何重苦状態に陥る(苦笑)。おまけに私はこのとき、ちょうど月のモノが来ていなかったりしてひょっとして二人目ちゃん??なーんって思っていたものだから、胃の痛みも激増(爆)。

 なかなかアドベンチャーワールドには着かないけれど、十分アドベンチャーワールドを満喫している?私たち。私が胃痛で苦しんでいる間に、モモがてきぱきと行動。頼りになる男とはこういうものだね・・(惚気じゃなく、ほんまに!)。この日泊まる予定の民宿の女将さんにも事情を説明してお金の受け取りのお願いをし、実家の方にも送金願いの連絡を入れ、とりあえずはお金の工面が一通り済んだ。でも最終的にお金の確認ができるまで落ち着かない。だって、いつどんなどんでん返しがあるかわからないもんね〜(冒険慣れしすぎ??)。ハラハラしつつも、アドベンチャーワールドにGo。

アシカとゴン太
ゴン太、アシカになる?

 ひとまず、ここまで来られたことに、感謝。神様仏様、宇宙のみなさま?、モモ様?、ありがとう。予定通りに過ごせているというだけなのに、すごいことです!!お目当てのイルカ・アシカ・オルカのショー(時間がちょっとづつずれていて、ちゃんと順番に見られるようになっている。)の前に、ぞうさんの前で記念撮影したりして、ゴン太もハッスルし、なぜか途中にあったアシカの像の前で、自分もアシカになるゴン太。いつもビデオでイルカショーを見ていてとても喜ぶゴン太なので、さぞかし本番もと思いきや、イヤイヤ、本番に圧倒されたのかイマイチ反応がにぶかった。

大きなカメさん
大きなカメさんにも触れる

 アドベンチャーワールドといえば、他にも見所遊びどころ満載。パンダの親子を見物し、サファリパークも電動バス?で巡ったあと、直接小動物たちとふれあえるコーナーへ。こんな大きなカメさんも歩いていたよ。ゴン太がもう少し大きくなったら、遊園地コーナー?でも遊べそう。またまたぜったいみんなで来ようね〜。

 というわけで、一通り遊んだあとは、民宿に。お金がついているのか、どうか、ドキドキだけど、もうこれでダメならどうしようもありません(笑)


次へ




相楽ねっと    和歌山県